読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

フジテレビ系列のドラマ『白線流し』の魅力語ります

スポンサーリンク

なぜ、そのドラマが良いと思ったのでしょうか?

魅力のある当時の若手俳優の魅力がたまらない作品です。長瀬智也柏原崇酒井美紀の10代後半の姿はとても美しいです。登場人物の性格もとても純粋で、若い人の悩み苦しみをそっくりそのまま描けています。ドラマの描写もとても詳細で、話の筋にもおかしな部分は見当たりませんから、現代のドラマより優秀で、ドラマの作成者も参考にするべきと言えるほどのクオリティーだ思います。  

 

長野県や京都など景色のいいところで撮影を行い、大自然の風景も感動的に綺麗です。長野の景色はとても美しく、まだ雪も残っている季節を捉えています。東京では、早稲田大学のキャンパスも登場し、非常に撮影の仕方もうまいです。京都の場面もあり、都会の中でセットを作ってそこで完結させることなく、手抜きをしていない作成者の方には感服しますし、若手のトップ俳優の方々も撮影は大変だろうなと、その苦労も感じることが出来る作品です。  

 

高校時代の撮影場所となった松商学園は、とても建物も撮影に向いているロケ現場です。よくこのような場所を見つけるな、とスタッフの願力の凄さに感動しました。私も学生時代に戻り、また青春してみたいなと思わせるほどの出来栄えです。出演する俳優で特に印象的なのは、17歳の酒井美紀 (七倉園子役)で、信じられないくらい可愛いです。その可愛さは、現代の女子高生のすれた・人工的なものでなく、純粋なまだ田舎臭いといえる可愛さです。

 

当時彼女は高校に実際に通いながら撮影をしておりハードスケージュールをこなしていたというから若いのにすごいパワーを感じました。彼女はこのあとも9時台のドラマや映画に多数出演しましたが、白線流しの高校生時代が一番綺麗でした。インターネットや情報にまみれた現代で、自分の欲望に忠実な女子高生が多くなってきましたが、この時代の酒井美紀のようには、いくら手を加えてもならないだろうと思いました。

 

また、現代のモノや金にまみれた若い人たちとくらべて、今は昔より良くなったのだろうかという疑問さえ沸かせる存在の女優だなと感じました。  長谷部優介役の柏原崇は、普通でないレベルの美男子です。

イケメン

などという言葉もない時代におけるずば抜けた二枚目です。高校時代のメガネをかけた優等生の姿も様になり、声の低さの色気・体型も細く小顔で、当時の純粋なイメージもあって魅力的です。彼はこの後25歳までに数々のドラマの主演級の役をこなしていますが、その初めの一歩といえる作品です。柏原崇の存在を世に知らしめた作品でもあるのです。  

 

今をときめくTOKIO長瀬智也は主演で、この頃から、普通でないオーラは凄すぎるとしかいいようがありません。ストーリーの中で長瀬智也は優秀な成績を取りながら、家庭の事情や親類のトラブルあり、定時制の通っている学生の役です。10代なのに存在感やその重さは異常ですし、すこし影のあるところもたまりません。

 

「あの長瀬智也が10代のときこうだったの!」と若い人をびっくりさせられる作品でもあります。  酒井美紀柏原崇長瀬智也は、この作品の後、一気にトップ俳優・芸能人としても存在を確立しました。スタッフの方の俳優を見る目も素晴らしいとしか言いようもありません。この三人も数々の紆余曲折の人生を送っていることを考えると、見ているこちらも感慨深い感覚を覚えます。  

 

ストーリーは長野の高校生が卒業し別れる前の1年を連続ドラマの形で作成されています。長野の純朴な高校生が、東京との差を感じ、あこがれ、挫折もし、友情を深めていくプロセスは、ドラマにありがちなネタとは言えるでしょうが、これをしっかり描いたドラマは少ないのではないでしょうか。大学受験などのよくある景色や学校のクラスメイトや文化祭など、胸がキュンとする場面もたくさんお目にかかれます。  

そのドラマがオススメだと思う方は誰?

 1970以降に生まれた方におすすめです。昔を思い出して見ると心があらわれ、ノスタルジーに浸れます。 俳優たちが1970年後半の生まれの方が多く、この年代に近いと感情移入がしやすいですが、ケータイ世代の子と比較すると綺麗すぎて少し違うなと思う人もいるかも知れませんが、楽しめます。

これからそのドラマを観ようと思っている方へのアドバイス

 白線流しは学生時代を中心にしたドラマですが、学生でなくても昔を思い出して胸が熱くなるドラマです。「北の国から」で活躍したスタッフたちが新しく特定のメンバーを時間軸を追っていく構成で、高校卒業から25歳までが描かれています。若者が悩み苦しみ、自分の生きる道を探っていくのを見ていると自分を重ねあわせ、とても辛くもあり感動もできる作品です。いま活躍している方の若いころを見られてお勧めです。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

岐阜県出身で東京都に在住の30代の男性で システムエンジニアをしています。