読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

「ショーシャンクの空に」の映画で希望の大切さを知る

スポンサーリンク

なぜ、その洋画が良いと思ったのでしょうか?

 「ショーシャンクの空に」の原作は、スティーヴン・キングの中編小説である「刑務所のリタ・ヘイワース」です。リタ・ヘイワースというのは昔の女優で、彼女のポスターがストーリーのなかでとても大きな役割を果たします。  「ショーシャンクの空に」の素晴らしいところは、「人にとって大切なことは何か?」を最初から最後まで徹底して伝えようとしてくるところです。  それは「希望」です。妻の不倫を知ったエリート銀行員である主人公アンディ・デュフレーンは、酒を飲んで、妻の不倫現場を押さえようとします。

 

その後、妻と不倫相手が惨殺され、その犯人として捕まり有罪判決を受けます。もちろん真犯人は彼ではありません。でもそのとき銃も持っていたことが大きなポイントとなり、無実を訴えるも誰も耳を貸さず、投獄されることになります。  最初のうちは抜け殻のようになっていた主人公ですが、塀の中でさまざまな人と出会い、レッドといわれる調達屋のモーガン・フリーマンと特に親しくなります。レッドは子供のころに犯した犯罪でずっと長い間塀の中。ほかの囚人とは雰囲気の違うアンディに興味をもち、お互いに通じることが多くあると感じ、交流を深めていきます。

 

 塀の中はやはり快適ではなく、まずくて不衛生な食事、ゲイから狙われ襲われる危険、横暴な看守など嫌なことばかりです。それもこれも自分はやっていないのに犯人にされたせい。冤罪なのに誰も信じてくれないと苦しい思いをしながらも、心だけは誰にも縛られないと自由を描き、つらい日々に耐えていました。わたしはつらいことがあると、すぐにやめてしまったり、あきらめてしまったり、心が折れてしまうことが多いのですが、このアンディの姿を見ていて、人の心の強さやしなやかさに畏敬の念を抱きました。  そのアンディにも転機が訪れ、それがきっかけで刑務所の中で、人には言えない刑務所長の裏金づくりを手伝うことになります。銀行員で培ったスキルや知識を生かして、時にいうことを聞かないからと独房に入れられたり、暴行を加えられたりしながらも、もくもくと仕事をし続けます。  

 

わたしが好きなのは、看守をトイレに閉じ込めて、大好きなクラシックの音楽を大音量で刑務所に流すところです。なんの自由もない、苦しい生活のなかで、音楽に心を載せて自由に羽ばたいて飛んでいるアンディの至福の表情が素晴らしかったです。もちろんそのあとにさんざん痛めつけられるのだけど、それでも自分のやったことを後悔していない、レッドをはじめとした仲間に希望を捨てるなと言い続ける強さに、わたしはもう涙が止まりませんでした。  アンディはつらい毎日の間に、調達屋であるレッドに取り寄せてもらった小さなハンマーで、毎日すこしずつ壁に穴をあけ、そして脱獄に成功します。

 

その掘っている間に穴を隠してくれていたのが、「リタ・ヘイワース」のポスターなんです。壁を削って出た砂は、毎日少しずつ外に捨て、焦らずじっくり最高のタイミングを狙って脱獄を果たすアンディの根気強さはまさに圧巻です。まわりの友人ともいえるレッドたちも全く知らされず、脱獄して初めてアンディがそんなことをし続けていたことを知らされたときには、彼らの心の喝采はいかばかりかと想像するだけでもわくわくします。  無実の罪で何十年も投獄され、そして所長の悪事に手を貸しながら、資金と逃走ルートをしっかりと確保し、さらにつとめを終えて出てきたレッドを「過去のない海」に誘うところは、人間の思いの強さと、そしてどんな環境でも、どんなときでも希望を持ち続けることの大事さを伝えてくれます。

その洋画がオススメだと思う方は誰?

 いまつらくて、逃げ出したくて、どうしようもない、もう希望もない、先が見えないと嘆く方にぜひ時間を作ってみてほしい映画です。この映画は、名作ランキングで必ず上位に入るほど有名な映画ですが、それだけの価値は絶対にあると思います。あきらめて、現状に妥協してしまったとき、そこで人間の将来や在り方は決まってしまうのではないかと思います。いまつらいといっても、それが永遠に続くわけではありません。いま、つらいからこそ、希望をもってあきらめずに試行錯誤して前に進むことをやめないことがとても大事なんです。それをこの映画は静かに、でも強く語りかけてくれます。自分を励ましたい方にとてもおススメの最高の映画だと思います。

これからその洋画を見ようと思っている方へのアドバイス

 とにかくハンカチは必需品です。途中、物語のなかで、不条理や行き場のない怒りを感じるシーンもたくさんあります。なので、ぼすぼす殴れるようにクッションなども用意しておくとよいと思います。  名作だといわれて見てみたら大したことがなかったという作品もありますが、絶対にこの作品は見てもがっかりすることはありません。何度見ても、また見たくなる映画です。 あきらめないで希望を持ち続けたいと自分に喝をいれたいときにも、ぜひこの「ショーシャンクの空に」をご覧ください。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

 30代女性です。夫婦と子供二人で暮らしています。そして犬と猫を飼っています。最近では子供が川からとってきた魚もファミリーに加わりました。