読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

Janne Da Arc「桜」 メンバーは全員大阪府出身ヴィジュアル系ロックバンドです

スポンサーリンク

あなたが良いと思える歌を教えてください

Janne Da Arcの「桜」です。 Janne Da Arcは1999年に「RED ZONE」という曲でデビューしたヴィジュアル系ロックバンドです。 メンバーは全員大阪府出身で、ボーカルのyasu、ギターのyou、ベースのka-yu、キーボードのkiyo、ドラムのshujiの5人です。 インディーズの頃はメイクが派手でしたが、人気が上昇するにつれてメイクが薄くなっていき、現在では一般的なヴィジュアル系の「メイクが濃い」というイメージはありません。

 

2004年に放送されたアニメ「ブラック・ジャック」のオープニング曲に「月光花」が使用され、大ヒットを記録し知名度が上昇しました。 ロックをベースに、アップテンポな曲からバラードまで様々な楽曲を製作しており、恋愛ものの歌詞が多く、メンバーの実体験を元にして作られた曲もあり、共感出来る歌詞が数多くあります。

 

私が良いと思う「桜」は2000年に発売されたメジャーデビュー後、初のアルバムに収録されています。 Janne Da Arcの楽曲の中でも名曲に入ると思いますし、ファンからも人気が高い曲です。 「桜」というタイトルの曲は数多く存在しますが、「桜」と聞くと私は真っ先にJanne Da Arcの「桜」を思い出します。

なぜ、その歌が良いと思ったのでしょうか?

まず、メロディーラインがとても綺麗です。 「桜」というタイトルの通り、桜の季節を舞台にしており、歌詞はベースのka-yuの実話であるそうです。 内容は簡単に言うと「失恋したけれどまだ未練がある…」というようなものです。 歌詞も読んでいるだけでその場面を想像出来そうな位にリアリティがあり、とても繊細で儚い雰囲気が漂っています。 曲の雰囲気と歌詞の繊細さや儚さが絶妙にマッチしていて、曲の中にすっと入りこんでいけます。

 

曲自体や歌詞も良いですが、ここまで思い入れがあるのはやはり同じような経験をしたことがあるからだと思います。 全て同じ経験はなくても、所々に出てくるフレーズに「あぁ、そんなこともあったよな」とか「こういう気持ち、昔感じたことあるなぁ」などといった記憶が呼び起されます。

 

「遠い遠い記憶の君を蘇らせる」などは、なぜかふと昔の恋人を思い出したりする時に重なります。 ドキっとしてしまうのは1番のサビで出てくる「そのうちお互いを忘れる時が来るけれど」と曲の終わりの方で出てくる「君は新しい季節を誰かと生きてるの?」というフレーズです。 昔の恋人ですから、お互いを忘れる時が来るのはきっと当然のことなのでしょうが、それが少し寂しくも感じたりなんかしてしまって、この曲を聴く度に昔の恋人のことがふと頭の中をよぎります。

 

それなりに男性とお付き合いもしてきましたが、やはり思い出すのは同じ人のことばかりなので、当時は激しく振り回されたりもしましたし何度も泣いたり喧嘩したりしましたが、結局良くも悪くも思い出に残っているということなんでしょう。 それだけ当時は一生懸命だったんだと思います。 もちろん今は夫と子供が大切ですから、今さらどうこうという感情は一切ないのですが。 私は失恋した時はもちろん、恋愛以外でも感傷的になった時などに聴いては、どっぷりと「桜」の世界に浸っていました。

 

ヘッドフォンなどをつけて自分だけの世界に浸りながら聴くことも多かったですね。 曲自体がとても綺麗で、メロディーラインも桜の花弁がひらひらと散っていくように流れていく感じで、普通に聴いていても癒されると思います。 この「桜」の歌詞のように「もうずっと前に失恋したけれどまだ相手のことが好きで未練が残っている」という経験のある方は、意外に多いと思うのですがいかがでしょうか?

その歌がオススメだと思う方は誰?

「桜」がオススメだと思うのは、やはり失恋を経験したことのある方だと思います。 まだ相手のことが忘れられないという方に特にオススメしたいです。 「まだ失恋の痛手から立ち直っていないのに、失恋の曲を聴かせるのか」と思われるかもしれませんが、わざと失恋ソングを聴いて共感したり涙したり、色々なことを思い返してどっぷり感情の渦の浸って、それから前に進めるという場合もあると思うので、そういう場面で是非聴いてみて欲しいです。

 

失恋ソングを聴くのが辛い時期やこの方法が合わないという方もいらっしゃると思うので、もちろん無理にとは申しませんが。 私は悲しみや悔しさなどの感情にどっぷり浸かって泣きまくってスッキリするというパターンが多かったので、そういう方には良いかもしれませんね。

これからその歌を聴こうと思っている方へのメッセージ

ヴィジュアル系ロックバンドということで、ハードなものばかりを想像されている方もいらっしゃるかと思いますが、切なく共感出来るものもたくさんあり「桜」もそのうちの1つです。 Janne Da Arcファンの中ではとても人気のあり素敵な曲ですし、桜の季節はもちろん、そうでない時期も是非聴いてほしいなと思います。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

学生時代は吹奏楽に没頭していた20代後半、夫と子供の3人暮らしの平凡な専業主婦です。