読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

ドラマ「神様もう少しだけ」深田恭子さん、金城武さんが出演!一番心に残っています

日本のテレビドラマ
スポンサーリンク

 

あなたが良いと思った日本のドラマを教えてください

現在までに、一番良いと思った日本のドラマは、神様もう少しだけです。深田恭子さん、金城武さんが出演した1998年の夏に放送されたドラマです。

なぜ、そのドラマが良いと思ったのでしょうか?

ヒロインの真生は、茶髪で厚化粧、制服はミニスカートにルーズソックといった風貌の今時のギャル風な女子高生で、家族よりも友達と過ごすことを楽しんで生きていました。放課後になれば、友人たちと夜まで遊びに明け暮れていました。家族では、母親が不倫をしていて、父親も家族には全く無関心で、家族関係は冷え切っていたのです。

 

また、好きでもない男性と関係を持ってしまったりと、本当の愛を理解できていなかったのです。当時、高校1年生だった私には、身近な存在に感じたのです。 そんな彼女は、人気音楽プロデューサーである石川啓吾の大ファンでした。いつも彼の音楽を聴いては癒されていて、本当に大好きだったのです。

 

彼のライブのチケット代が欲しいために、1度だけ援助交際をしてしまい、その時の相手がHIV感染者とは知らず、後に真生自身もHIVを感染してしまうのです。啓吾のライブに参加した後ずっと追いかける姿が彼の目にとまり、自分がHIVに感染していることを知らず、彼とも体の関係を持ってしまいます。

 

しかし、後の検査で彼は陰性でした。彼も愛する人を亡くした経験があり、その後の人生でなかなか人を愛することができず、真生のことも遊びのような感覚でした。その後、病気でいじめられ家族のことで悩み苦しむ真生と、彼女と出会って少しずつ変わっていく啓吾が、お互いに魅かれ合い愛し合う姿が、当時高校生だった私には衝撃的でもあり、とても切なく感じました。

 

HIV感染をしてからの真生は、一瞬一瞬を大切に生き、1人の男性を心から愛するようになり、家族を大切に思うようになり、病気になる前と比較して大きく変わったのです。その変化が、凄く心に響いたのです。 真生と啓吾の間には、幸か不幸か子供が授かるのですが、子供はHIVは陰性だったのです。

 

結婚式の日に、真生は静かに亡くなっていくのですが、啓吾と子供で穏やかに暮らしていきます。何十年経過しても、忘れることの無いドラマで、未だに心に残っているからです。 音楽は、主題歌がLUNASEA、挿入歌が工藤静香でとてもこのドラマに合っていたと思います。良い場面で流れて、ドラマを更に盛り立てていた印象があります。

そのドラマがオススメだと思う方は誰?

今から15年以上も前のドラマになりますが、現在の女子高校生や若い女性に是非観て頂きたいです。当時、女子高校生だった私は部活をやっていたため、放課後遊びに行くという体験はあまりせず、試験前になれば勉強に取り組むなど、このドラマのヒロインとはかけ離れていました。

 

そのため、共感はできずにいましたが、同世代であったため見ずにはいられないドラマだったのです。どのドラマよりも衝撃的であり、神様もう少しだけが放送されていた当時と現在とでは、女子高校生の風貌や流行っているものなども違っているし、当時程援助交際という言葉は聞かなくなりましたが、たった1回での援助交際で不治の病になってしまうこともあるという恐ろしさを、知ってもらいたいと思います。

 

また、当時はポケベルからPHSや携帯電話が普及し始めてきて、高校生の間でも少しずつではありますが、周りが携帯電話を持ち始めた時期でもありました。メールなども徐々に発達してきて、この時期からメールから出会いが始まったりというようなことが起こるようになったのです。

 

今のように誰もがスマートフォンを持ち、誰とでもメールができるという時代ではなかったのです。 寧ろ、携帯電話を持っている子は凄いと思う程でした。そのような、現在とは異なった時代背景も観て知っていただけたら、幸いだなと思っています。

これからそのドラマを観ようと思っている方へのアドバイス

神様もう少しだけというドラマは、家族とは上手くいっていなくても、毎日を友人と遊んで楽しく生きていた普通の女子高校生が、突然に予想もしなかった不治の病になってしまうのです。病気になってしまったきっかけは、自業自得のような出来事が始まりですが、病気になってから生きていくことの大切さを知ることができたヒロインの心の動きに注目して、観ていただけると良いと思います。

 

また、うやらましい程の愛についても描かれているので、その辺りも注目していただきたいです。音楽も流れる度に感動させてくれます。毎回、せつなく涙するシーンが多いかと思いますが、すべてのストーリーを観終わった頃には、このドラマを観て良かったなと感じるはずです。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

 

栃木県在住の31歳の女性です。職業は正看護師で、病院で勤務しております。家族構成については、父・母と弟2人がいます。雄猫を2匹飼っていて、毎日癒されています。