読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

2006年の秋に放送された志田未来さん主演のドラマ14歳の母

スポンサーリンク

なぜ、そのドラマが良いと思ったのでしょうか?

当時は少し現実的な非現実的な起こっては欲しくないと感じるようなお話しで観ていたのですが、現在子供を持った状況で再度ドラマを見ると感動を覚えます。14歳で我が子が妊娠する事は考えたくはありませんが、実際に14歳で妊娠をしてしまう人もいると思います。その時の両親の心境や子供の心境、そして生まれてくる子供の環境を考えると、複雑な気持ちになりました。

 

しかし、どんな状況でも生まれてくる我が子の事を第一に考え、皆で支え合っていく姿に感動をしました。 実際に私自身も妊娠、出産をして14歳で妊娠出産される人は本当に大変な事だと思います。もう少し遊んでいられる時に、子育てをしなければなりません。きっと友人の環境を羨む事もあると思います。そんな中で子育てを若い時から行っている人たちには感心させられる思いを私は持っています。

 

ストーリーは14歳の少女(志田未来)が中学3年生の少年(三浦春馬)と関係を持ち、その後生理が2ヶ月こない事に気付き、妊娠検査薬で妊娠した事が判明します。誰にも相談できずにいましたが、母親(田中美佐子)にだけは勇気を振り絞り相談し母と共に母が子供たちを出産した産婦人科へ。産婦人科医(高畑淳子)からは14歳で出産することの大変さ中絶についてなど聞かされ当惑する少女でした。

 

そして母から父(生瀬勝久)にも話しが伝わり、少年には少女から妊娠の事が伝えられました。少年には動揺が見られました。少年は一晩考えた末、出産は無理だと少女に伝えます。一方両親揃って相手の少年の母親(室井滋)に伝えるが全く相手にされませんでした。少年の母は有名な実業家でスキャンダルは許されない状況でした。 両親は現実としては難しい事なので中絶を希望し少女は受け入れるも産婦人科で逃げ出してしまいます。

 

少女は出産を希望するが、金銭面や将来のことを考えると両親はその後も中絶を希望し今後の状況を母親から少女に伝えました。 学校も母から状況を知り愕然とします。少年は留学を控えていましたが自分だけ逃げだす事は出来ないと決意し留学をキャンセルに。 少年の母はまだ少女が出産を望んでいる事に驚いていました。実は雑誌記者(北村一輝)は少女の父と少年の会話を聞いておりそれを雑誌に記載しそれが販売される事に気が気でなかったのです。そして雑誌が販売され少女の周囲でも少女の妊娠の事実が広まってしまいました。学校側は少女の退学を希望し、少年の母は少女に中絶を望みます。

 

しかしそんな中少女の両親は少女の出産を応援し始めます。少年の母はずっと出産を拒み続けますが、少女は出産に向け準備をし始めそして少女の家族はそのまま妊娠を支えて行きます。帝王切開で赤ちゃんは未熟児でありながらも無事誕生し、少年が18歳になったら結婚する事を二人で話し、両家に報告しますが、両家とも難色を示しました。今後はどうなるか分かりませんが、少年は高校へ進学せず働きながらお金を溜め、少女は実家で家族と共に子育てを行っています。 サントラの沢田完氏の奇跡の輝きはとても心に響く曲です。

そのドラマがオススメだと思う方は誰?

特にこのドラマは若い人に観てもらいたいなと思います。 自分の想いだけで、相手と関係を持ってしまい自分は大丈夫と思っても、避妊をしていない限りいつ妊娠するか分かりません。妊娠したら直ぐに中絶と安易な気持ちを持っていたとしても、妊娠に気付かず中絶する事が出来ない時期に入ってしまう場合もあります。ドラマを通じて妊娠後に起こる困難そしてもしかしたら良い方向へ光も見えてくることもある希望を知ってもらえればと思います。 

 

若い人に限らない事だとは思いますが、自分は大丈夫と人は少なからず持っている考えの一つです。ただ若い人たちはこれからやりたい事など夢や希望が多くあります。その中で妊娠という状況を知った時、必ずしも戸惑い将来への不安が感じることと思います。相手の男性がその妊娠を快く受け入れてくれない場合もあります。その時苦しむのは妊娠をしている女性です。

 

ドラマを通じて様々な事を学んでもらえればいいなと思っています。そして人は一人ではなく、助け合いながら困難を乗り越えられる事、そしてどんなに反対者が多くても自分の想いを理解してくれる人が現れる事をも知ってもらえればと感じました。

これからそのドラマを観ようと思っている方へのアドバイス

これからドラマを観ようと思っている人には、若気の至りとは思わずまた避妊しないのが悪いなどと否定的な目で観ず、この様な状況で苦労しながらも頑張っている人たちもいるという事を念頭に置いて観てもらえればと思います。  我が子が14歳で妊娠をしてしまった現実を気持ちを格闘しながら受け入れて行った両親の想いを是非知ってもらえればと思います。

 

ドラマだからとは考えず、そして自分の身では起こりにくい現実かもしれませんが、今後自分の子供のクラスメートがこの様な事態に現実に起こらないとも限りません。いつどこで起こるか分からない状態の中、自分の近くで起きた場合どのように対応が出来るのか、噂話をするのではなく周囲の支えが大切なのかを知っていただければと思います。 そして不安を抱えている妊娠をした若い人々に勇気を与える事が出来るかもしれないのです。 もしもということを考えながら観てもらえればいいのではないかと感じます。  

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

現在30代の専業主婦で一児の子育てをしています。専業主になる前までは介護福祉士として施設で介護の仕事に就いて長年仕事をしてきました。子育てはまだまだ新米です。