読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

物言えぬ死体の死因を見つけ出す監察医を描く「きらきらひかる」

スポンサーリンク

あなたが良いと思った日本のドラマを教えてください

この「きらきらひかる」が良かったと思ったのは、なかなか知る事のできない監察医という世界を知る事ができたところです。このドラマを観て、はじめて監察医という仕事があるという事を知りました。 この監察医という仕事は、事件や事故で亡くなられた人の死因を解剖等によって探っていくという深い仕事です。真っ黒にこげた焼死体を目の前にして、監察医達がその死因を探します。本当の焼死体の様にリアルな死体をあえて出す事で、このドラマをよりリアルに、よりその悲惨さを表している部分が良かったと思います。 観ている人を惹きつけるのは、その監察医達のやる気です。

 

ただ解剖をするという仕事をこなすだけではなく、自分しかできないという仕事にプライドを持ち、その物言えぬ死体の声を自分達が聞いてあげようとする意欲が伝わってきます。 自分は正しいと考える監察医達が、その死体を目の前にして、自分の意見をぶつけ合います。その真剣なぶつかり合いも見ものなのです。 自分の腕や知識に自信があるからこそ、こうだろうという考えを言い、いかに正しい死因を素早く確実に見つけるのです。 このきらきらひかるが面白いのが、その監察医が女性ばかりだというところです。悲惨な死体を解剖するという仕事は、あまり女性には適さないという先入観がありますが、このドラマでは、あえて女性ばかりの監察医を揃えています。

 

女性だからこそ、冷静でしっかりとした解剖ができ、素早くその死因を見つける事ができると思いました。幅広い年代の女性が監察医になる事で、その経験や知識、年代によっての魅力をこのドラマで活かしています。 年代が違うけど、先輩や後輩に関係無く、いかに良い仕事ができるかを協力しあいながら頑張ります。そういった協力し合う場面も素敵で、引き込まれる部分です。

なぜ、そのドラマが良いと思ったのでしょうか?

このドラマでは、色々な有名女優が出演していました。経験豊富で腕の良い優秀な監察医鈴木京香が、みんなをまとめる上司役に味のある演技が光る柳葉敏郎が扮します。 その死体の死因を知り、早く事件を解決したいと願い、その監察医達とバトルを繰り広げる刑事役に熱い演技が素晴らしい松雪泰子が演じます。 このドラマでは、新人の監察医というものがいます。その新人の監察医は、いつもドジばかり起こします。まだまだ経験が浅いので、なかなか自分から良い結果を残す事ができません。その解剖にもひるんでしまいますし、みんなの足を引っ張ってしまう事があります。そんな新人の監察医役に、可愛くても真のしっかりとした深津絵里がなりきります。 真っ白で綺麗な肌にぽっちゃりとした赤い唇が可愛らしく、おっとりとしている性格ならがらもどんどん自分からその原因を探っていこうとする根性と姿に感動します。最初は監察医というものになったのを後悔する事もありましたが、だんだんその仕事にやる気を見出し、自分が解決をしようという心意気を見せていく姿に勇気を貰えます。

 

そんなドジな新人監察医をバックアップするのが、ベテランの鈴木京香小林聡美です。サクサクと動き、ズバズバと自分の意見を言う鈴木京香に対して、おっとりとしながらもちょっとした一言で解決策を言うまとめ役的な小林聡美の演技も光ります。 刑事役の松雪泰子は、都会的で研ぎ澄まされた演技をします。コートを翻し、ハイヒールでツカツカと素早く歩き、犯人を追う姿も凛々しくて格好いいです。こんな刑事の様になってみたいなと何度も思いました。 このドラマでは、その死体がある場所へ飛んで行くところも見ものです。

 

海に行ったり、夜中にビルに行ったりと、色々な場所に駆けつけます。そして、その死体の前で、監察医達がその死因を探ります。 監察医としての仕事の意味を知り、その仕事をどうこなしていけば良い結果を得られるかというも学びます。監察医だけではなく、他の仕事にも当てはめられるようなドラマで、自分の仕事というものに愛情を持てるようなドラマでした。

そのドラマがオススメだと思う方は誰?

このきらきらひかるは、社会人になったばかりの人にオススメです。まだまだ社会人としてのやる気を持つ事ができない人でも、このドラマを観る事によって、その自分が選んだ仕事の意味が見いだせると思います。 今の仕事に飽きてしまった人には、今一度、その仕事の良さを見つける事ができるきっかけを見つける事ができるかもしれません。

これからそのドラマを観ようと思っている方へのアドバイス

このドラマは、死体を相手にする監察医という仕事をテーマとしています。どれも、少しグロくて悲惨な死体ばかりですので、心して観る事が重要です。 目を背けずに、その仕事の良さや意味を知る事が大切だと思うドラマです。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

東京都に住む38歳の女性です。パートで4人家族で趣味は映画鑑賞やドラマ鑑賞です。