読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

明治時代の子供の生き様を知るドラマ「おしん」

スポンサーリンク

あなたが良いと思った日本のドラマを教えてください

子供の頃に観た、おしんが良かったです。このおしんは、当時、日本国民の2人に1人は観ていたのではないかと言われるほどの高視聴率で、学校でも話題なドラマでした。 高度成長期に突入していた日本は、新しい建物や物が街中に溢れていました。いかに新しいデザインの洒落た車に乗り、斬新で格好いいファッションを着るかを競っていたような時代でした。 そんな時に、このおしんという着物にもんぺという姿をした主人公が朝の連ドラに登場した時には、度肝を抜かれたような衝撃が体に走りました。

 

こんな豊かな日本になったのは、仕事を懸命にして頑張ってくれた日本人がいたからなんだという事を知ったドラマでした。今でこそ洋食やらファーストフードやらと色々な食べ物を食べれる時代になりましたが、そうなれたのも、昔の日本人が苦労をしたからこそになれたんだと分かったのです。 又、子供は学校に行けて、給食も食べれて、学校が終われば友達と遊べるのが当たり前だと思っていました。

 

でも、このおしんというドラマでは、子供も仕事をしたり、家の手伝いをしなければ食事にありつけないのです。 貧しいがゆえに欲しい物なども買ってもらえず、着る服は母が手縫いで繕ってくれる着物を着ます。少ない食事をみなで分け、親の言う事は絶対に聞いてお手伝いをしなければならないという事も知りました。 革靴や防水効果のある靴は無く、藁で編んだ履物を履き、雪深い山道を歩きます。小さな子供をあやしたり、遠くまで険しい道を歩いて買い物に行かなくてはなりません。

 

車や自転車等の乗り物も無く、何十キロという長い道のりを小さな体でおしんは歩きます。親に逆らう事は許されず、逆らえば、その家にはいられないという過酷な時代でもありました。 女の子供は特に道が無く、親の決めた嫁ぎ先に行くか、都会へと仕事をするために出されるという道ぐらいしかありません。 日本の明治時代の女性の生き様を知る事ができ、自分にプラスとなったドラマでした。

なぜ、そのドラマが良いと思ったのでしょうか?

おしんが良いと思った理由は、親からお子遣いを貰い、好きな食べ物を食べさせてもらい、高い服を買ってもらうのが当たり前だと思っていた自分を変えてくれたところです。 このドラマを観てからは、我侭な態度を改め、親の事を考えるようになりました。物を大切にするようにもなりましたし、日本の歴史について関心が持てるようにもなりました。

 

日本人の根性と心意気を知り、日本人としての誇りを持てるようにもなりました。 おしんの子供時代が特に印象的で、おしんがどんな生活をしていたか、どんな問題にぶち当たって乗り越える事ができたかを知る事もできました。その姿を観る事で、ちょっとした嫌な事を乗り越える事ができる人間になれました。その問題を、どうやって解決したら自分のためになるかも知る事ができました。 明治時代にはまだまだ多くの人が貧しい暮らしをしており、子供を身ごもっても産めず、大切な我が子を奉公に出さなければならないという身の切られる母の気の毒な姿も描きます。 代われるものなら代わってあげたいと涙ながらに、まだ小さな子供を見送る母の役を泉ピン子が扮します。 その当時は、まだ泉ピン子という女優の知名度も低かった時代でしたが、このドラマの貧しくても我が子を思いやる涙ぐましい母の役を見事にこなした事によって、多くの視聴者を感動の渦に巻き込んだのでした。

 

子供ながらに、この女優は凄いなと関心したものでした。 本当の親子の様に、とても自然で、それでいて情熱的なぶつかり合いを観れるのも、このおしんの良さでした。ただ優しいだけではなく、厳しさで可愛い我が子を育てあげるというところが、何かと甘えていた自分を変えてくれます。 苦労をものともせず、赤いほっぺで楽しそうに笑うおしんの役に小林綾子がなりきります。訛りが物凄く上手でしたし、演技が子供の粋を超えていて、本当に惹きつけられました。

そのドラマがオススメだと思う方は誰?

人生に行き詰っている人や、一人で生きるのが辛いという人にオススメなドラマです。このドラマを観れば、どんな困難をも乗り越えられると思います。 人生が辛くて悩んでいても、このおしんとその母の生き様を観れば、なんて自分の悩みは小さいものなのかと思います。

これからそのドラマを観ようと思っている方へのアドバイス

おしんというドラマは、大人ではなく、子供に焦点を当てたドラマです。でも、ほとんど大人が体験するような過酷な現実に体当たりでぶつかっていく姿は、大人が観ても得るものがあります。 わがままで手のかかる子供の子育てに悩んだ時には、このドラマを観る事で、その解決策を見いだせるのではないかと思います。 目を背けずに、家族でじっくりと観て欲しいドラマです。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

38歳の女性で、東京都に4人で住んでいます。パートでドライブをしたり、昔のドラマを観る事が好きです。