読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

ファンタジーの原本を堪能する映画「ロード・オブ・ザ・リング」

スポンサーリンク

あなたが良いと思った洋画を教えてください

ロード・オブ・ザ・リング(監督ピーター・ジャクソン、2001年、ニュージーランド・アメリカ)

なぜ、その洋画が良いと思ったのでしょうか?

 ロード・オブ・ザ・リングは、日本では『指輪物語』として訳されている、ファンタジー小説の原点ともいうべき作品です。  『指輪物語』はとても長い話ですが、その話の中で作者のJ・R・トールキンが「エルフ」「ドワーフ」「トロール」といったファンタジーには必ず出てくるキャラクターを生み出し、今の世界のファンタジーはこの作品がなければほとんど成り立たず、『指輪物語』は「聖書の次に読まれている本」と言われることもあるくらいです。  その作品が映画化されたのですから、素晴らしい作品だということはそれだけで分かっていただけると思います。実際、作品では原作に限りなく忠実に様々な種族や生き物、風習などが出てきます。ファンタジーが好きな方なら、まず観てハズレはないです。  物語は、ひとつの指輪から始まります。それは主人公の叔父が昔々に拾った指輪なのですが、実はそれが魔王が世界を支配するために作った魔法の指輪であったため、それを破壊するため、火山の火口へと指輪を投げ捨てるという目的を胸に、主人公の長い旅が始まります。そう言ってしまうと簡単なように聞こえますが、その指輪はそれ自体に魔力があり、周囲の仲間を誘惑し、時に主人公自身を誘惑し、自分を破壊させないよう、魔王の支配下に下るよう、じわりじわりと影響を及ぼしていきます。

 

 また、指輪を取り戻そうとする魔王側の軍勢も迫力で、到底力では敵いそうにない敵を相手取り、人間たちが力を合わせて戦う様も観ていてワクワクさせられます。  ファンタジーものでは、魔王という絶対悪に立ち向かう正義の主人公、という図式が多いですが、このロード・オブ・ザ・リングの主人公フロドの剣の腕はそれほどでもなく、魔王の目をかいくぐり、徐々に重くなる指輪の魔力に苦しみ、堕ちそうになる寸前とところで抗いながら、這うように火山口へと進む姿が痛々しく、ファンタジーの原点でありながら新鮮な感動を与えてくれます。  そのフロドに付き従う庭師サムが、ひたすら忠実に彼を助け、何とかフロドが任務を終えるのを支えようとする様子もまた素晴らしく、最初は物見遊山的な気分で付いてきたサムがフロドの精神的支えになり、指輪を持つ苦しみに支配されていくフロドの拠り所になっていく様に、いつも泣かされてしまいます。

 

 また、フロドとサムがシリアスな場面を受け持つとしたら、クスッとさせる、楽しいシーンを作るのがフロドの友人である、メリーとピピンです。彼らもまたフロドを助けるために戦うのですが、特にメリーは真剣にやっているにもかかわらず失敗続きのその姿はユーモラスで、ピピンとの掛け合い漫才のようなやりとりは、全体的に重い話を明るくしてくれる清涼剤のような役割を果たしてくれ、それを観るのが楽しみでもあります。  そして、この作品は非常にスケールが大きく、CGを駆使した映像が随所で観られます。1部2部3部と1年ごとに発表されたため、1部と3部とではCGのリアルさが異なり、映像技術の進化をそんな所でも楽しむことができます。トロールやオークといった、今まで本の中でしかみていなかった想像の生き物が命を得て、スクリーンで走り回っているのを観ると、それだけで楽しくなります。

その洋画がオススメだと思う方は誰?

 この映画をお勧めしたい人は、もちろんファンタジーが好きで、良くファンタジーゲームなどをやっていたという方です。今はもう、ファンタジー世界の生き物たちは当然のように認知されていますが、その大本を考えた人の作品を見て、20世紀半ばに作られたとは思えない作品の瑞々しさを堪能して欲しいです。  また、この作品に出てくるゴラムという生き物は全部がCGであり、同時に人がCGの元となる動きをしているため、動きが非常にリアルです。映画の技術を楽しみたいという方にもお勧めできると思います。

これからその洋画を見ようと思っている方へのアドバイス

 ロード・オブ・ザ・リングはとても長い話です。それぞれが3時間前後あり、しかも3部作ですので9時間近くになるのは覚悟しておいた方が良いと思います。でも、それだけの時間を「損した」とは決して思わせないストーリーです。たびたび危機に陥る主人公が仲間に助けられ、平和を取り戻す過程は本当にハラハラドキドキで、息が詰まります。  

 

また、ロード・オブ・ザ・リングの前の話である「ホビット物語」も映画化されていますので、こちらと合わせて観るのも楽しいかも知れません。映画の舞台になったニュージーランドでは、ロケ地巡りもできますし、飛行場では巨大なゴラム人形を見ることもできるそうです。  映画だけでなく、本を読んだり、実際にロケ地を巡ったり、グッズを集めてみたり、ゲームをしたりと色々な楽しみ方ができるロード・オブ・ザ・リングを是非観てみてください。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

性別:女性 年齢:39歳 職業:会社員 出身地:山口県