読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

ジョージ・ルーカスのデビュー作の映画「THX-1138」

洋画
スポンサーリンク

あなたが良いと思った洋画を教えてください

THX-1138

なぜ、その洋画が良いと思ったのでしょうか?

確かに、この映画は観終わって、決して晴れ晴れした気分になるものではありませんでした。ハッピーエンドとは言い難いですし、観終わった後もいろいろ考えてしまう。ただ、インパクトがすごいです。いい大人になってから観た映画で、「ひょっとすると、この暗い気持ちがずっと忘れられなくなるのではないか?」と不安になる映画は、なかなかない様な気がします。これは大傑作だと思います。 何の予備知識もなく観てしまったので、映画が始まって10分ぐらいは一生懸命「状況」を把握するのみでした。グロテスクなシーンではないにも関わらず、ゾッとする光景が続きます。

 

25世紀の人間達は、コンピューターに完全に支配されてしまっていて、名前もなく、「THX1138」や「LUH3417」など番号を付けられ、呼ばれています。「けしからん!コンピューターは・・」私は昭和の時代の、頑固おやじの様な気持ちになって、しばらく観ていました。全員同じ服を着て、同じ髪型で(男も女も全員坊主)地下の同じ様な部屋に住んでいます。真っ白で清潔な部屋ですが、物がなく、味気なく、気味が悪い・・・そんな所です。生活感とか、楽しい感じが全くありません。私は物がないというのは、寂しい事なんだなと思いました。 もしも、この様な状況に置かれた時、私は「何かが変だ」とちゃんと気付けるかな?と考えました。

 

この映画の設定だと、25世紀だから随分先の未来って事になりますが、もしも生まれた時からそうだった場合、どうなのだろうか?と思いました。この映画に出て来る人達も、当然何も疑わない人がほとんどです。「機械に支配されていて俺たちおかしくねーか?」ってほとんどの人が言わない、疑わない、これがとても怖いです。生まれた時からそうだったから、ずっと前からそうだったと聞いていたからでしょうか。 ところが、ある一人の女の人が何かに気付き、ルールを破り始めました。私はホッとしました。ルールを破っている人を観て、ホッとする映画ってそんなにないような気がします。そして主人公である「THX1138」も、何かに気づき変わり始める。二人は人を愛する感情を持ち始める。そんな所からこの映画は徐々に変化していきます。

 

しかし、どういう訳か私は、この二人にすらうまく感情移入が出来ませんでした。 爆笑したのは、壊れたロボット警察の動きです。まるでゲームの中のキャラクターが、バグを起こした時の様に壁にぶつかったまま、足踏みをしたままです。人間が本部に連絡して「故障していますよ」って教えてあげないと、ずっとそのままでいる様です。人が例えばちょっと足をひねったりした場合にでも、仮に子供でも、もっと「まともな対応」と「マシな行動」をとりますよ。きっと。と思いました。やはり警察と言ってもマシンですから。こんな頭の悪そうなマシンに偉そうな事を言われたり、捕まったりしても、感情を抑える薬を常に服用させられているので、25世紀の人間達は腹を立てません。もう何をやっているのか!と腹が立ちます。

 

私の場合、通常は映画の中で悪役の人が出てきた時、その邪悪なやり方や卑怯な手口に、登場人物の人と一緒に怒ったりします。がこの映画の場合マシンが悪役みたいなものなので、何か今一つ怒れないです。そのくせ、全く無感情に残酷な事を要求してくるので、余計に奇妙で不気味な感じがします。こんな世界観が良く作れるよなぁーって思いました。ネガティブな内容ですが、すごい想像力だと思います。しかもこの映画が上映されたのは1971年ですから、当時は相当に新しかったのではないかと思います。

 

現在観ても、本当に面白いです。 予算がオーバーしそうになった時にあっさり、引き返していくロボット警察を観た時も、人間だったらもっとマシな対応をすると思いました。刑事ドラマで、下っ端の一番若い刑事であっても「ここまで追いかけたんですよ。」ぐらいは、一言、上司に言う所だと思いました。感情で動くから人間は面倒くさい事になる。冷静にコストの計算が出来ない生き物かも知れません。でも、全く感情なしに動くロボットを観ているとやはり賢くないな・・・と思いました。

その洋画がオススメだと思う方は誰?

情移入しにくい映画だと思いますから、実験的映画を好んで観るような方におすすめしたいです。万人向けの作品ではないかも知れません。あの『スターウォーズ』を創ったジョージ・ルーカスがそれよりも前に、このような作品を創っていたのは意外でした。多くの人が観ていない映画を、ひっそり一人で観るのが好きな方におススメです。

これからその洋画を見ようと思っている方へのアドバイス

これは、ジョージ・ルーカスのデビュー作です。ルーカスが大学時代に制作した短編映画『電子的迷宮 THX 1138 4EB』を元に、フランシスフォードコッポラが制作を務めて長編作品にしたのが、この『THX-1138』です。全くルーカス作品を観ていない方は少ないかもしれませんが、そういう方は「スターウォーズ」や「アメリカングラフィティ」などを何作かご覧になられてから、この映画を観たほうが、SF超娯楽大作とのギャップが楽しめるかと思います。 娯楽的要素が薄く感じられる映画ですが、「ロボット警察」や、「逃走するシーンでの車」など、よくよく観ていると、新しい発見があるかも知れません。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

デザインをする事や映画を見る事が大好き。デジタルの物よりアナログが好き。お腹が空いている事に気が付かず、あまりご飯を食べない事があるので、最近は気を付けています。