読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

今までに観た事のないラブストーリー映画“アンジェラ”

洋画
スポンサーリンク

あなたが良いと思った洋画を教えてください

私が良いと思った洋画はリュック・ベッソン監督作品“アンジェラ”です。

なぜ、その洋画が良いと思ったのでしょうか?

この作品は一貫して白黒映画なのですが、昔の洋画ではなく2005年の作品にも関わらず敢えて白黒にしている所に新鮮味を感じました。 監督はリュック・ベッソンで、ロマンスの都フランス、パリを舞台としたラブストーリーです。 私は正直あまりラブストーリーは得意ではなく、ハリウッド映画らしい、ピンクっぽい表紙で、オープニングを観ればすぐに結末のハッピーエンドを予想出来る様な単調さが苦手なのですが、この作品はそういった作品とは一線を画しています。 借金に追われ、途方に暮れた生活を送る冴えない主人公アンドレの元に突然現れた、背中に羽根の生えた長身の金髪美女アンジェラとの少し変わったラブストーリーがオープニングからラストまで目が離せず、一気に観る事が出来ました。

 

ラブストーリーというのは、一般的なハリウッド映画ではよく冴えない女の子がキレイにお化粧をして、キレイな服を着てイメージチェンジをして美しくなって、もともと素敵だった憧れの男の子と同じ位のレベルの見るからにお似合いなカップルになる様なハッピーストーリーですが、それよりも見た目ではとてもお似合いとは言いがたい、かと言ってどちらかが磨きをかけて相手のレベルに合わせる様な“見た目重視”のストーリーよりも、見た目ではどうこうしようもない、最後まで見た目ではお似合いではないタイプの方が面白いのかもしれません。

 

この作品はリュック・ベッソン監督の好みである、スレンダーでふくよかさを感じさせない少し中性的でありながらそれでいて魅力的に感じられるアンジェラ役と、アンジェラに比べると驚く程小さな背でどこにでもいる平凡なビジュアルの、でもどこか憎めない可愛らしさのあるアンドレ役との組み合わせが観ているだけで面白く、ウィットに富んだ雰囲気が画面から伝わってきます。 この作品は表面的な、美しさを求めて幸せになるようなラブストーリーではなく、内面で結ばれる様な、もっと奥が深い作品だと思います。 アンドレはダメダメな性格な所謂ダメ男だけど、アンジェラは美しく、強く、逞しく、でも実は脆くて弱い女性そのもので、物語が進むにつれて最初に受けた印象とは大分違う2人の本当の姿が表に出てきます。

 

本当の姿が見えた時に初めて、第一印象に感じた美女と野獣の様な、全く違うタイプであった2人が実は運命の相手であると感じてしまうから不思議であり余計にロマンチックに感じるのです。 その特別な感情は2人が一番よく感じていて、心の距離が近づいては行くのですが、2人の間には大きな問題があり、ハプニングも起こります。 そのハプニングを乗り越えて、2人の距離はグッと近づきます。 でも忘れてはいけません、そもそもアンジェラは普通の人間ではありません。 羽根が生えた天使で、理由があって羽根が折れて地上に落下してきました。

 

人間ではない者と人間との恋の話は滅多にない設定だと思います。 そもそも2人には人間である事を越えた問題が立ちはだかっているのです。 その問題を2人はどうやって乗り越えて行くのか? そもそも羽根の生えたアンジェラは一体何者なのか? 何の目的があって急にこの世界に落ちてきたのか? 物語がラストに進むにしたがって、ようやく理由が分かってきます。 結びつくとはとても思えない2人の運命は、一体どうなってしまうのか? 2人の恋の行方は? ラストシーンは特に印象に残るシーンでした。 私にとって今まで観た作品の中で一番のラブストーリーです。

その洋画がオススメだと思う方は誰?

一般受けするハリウッド的なラブストーリーが好きな方にはあまり向いていないかもしれませんが、普通のラブストーリーを見飽きた方、ちょっとコメディタッチのラブストーリーが観たい方、マイナーな作品が好きな方、またこの作品はリュック・ベッソン監督の特徴がよく出ている作品なので、リュック・ベッソン監督の作品が好きな方、特に“レオン”や“96時間”、“ニキータ”、“フィフス・エレメント”が好きな方にはオススメしたい作品です。 きっと今までのラブストーリーに物足りなさを感じると思います。 オシャレ好きで、ユーモアのある作品が好きな方にもオススメします。

これからその洋画を見ようと思っている方へのアドバイス

是非部屋を暗くして観て下さい。 恋人や友達と一緒に観るよりも、一人でカフェオレでも飲みながらゆっくり観て頂くとより楽しめると思います。 また、リュック・ベッソン監督の作品をまだ一度も観た事がない方でも楽しめるとは思いますが、一緒に“レオン”や“96時間”、“ニキータ”、“フィフス・エレメント”を観てみるとより世界観を理解頂けると思います。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

30代、女性、神奈川県に在住の独身です。事務職をしていおります。