読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

歌って踊れるミュージカル洋画「マンマ・ミーア」

洋画
スポンサーリンク

あなたが良いと思った洋画を教えてください

マンマ・ミーア!(監督:フィリダ・ロイド、イギリス・アメリカ)

なぜ、その洋画が良いと思ったのでしょうか?

 マンマ・ミーア!は元々はミュージカルで大人気だった作品を映画化したものです。私はミュージカルから先に見たのですが、ミュージカルと同じように見終わった後、ハッピーになれるような感じがとても良いです。ABBAの楽曲がいくつも使われていて、ただ映画を観ているだけなのに一緒に歌いたくなったり踊りたくなったり、とにかく身体が自然と動き出すような自由で楽しい雰囲気に満ちた、素敵な作品だと思います。  

 

ストーリーとしては、結婚を控えたヒロイン・ソフィがバージンロードを父親と歩きたい、父親のことを知りたいと考え、母親であるドナの日記を盗み見て、3人の父親候補に手紙を出したところから始まります。3人父親候補がいても、顔を見れば血のつながりが何となく分かるはず!と信じて呼び寄せたにもかかわらず、顔をみてもちっともピンと来ず、逆に母に内緒で彼らを呼び寄せてしまったことを隠さなくてはいけなくて、悪戦苦闘するといった物語です。  

 

話が進むにつれ、メインはソフィの父親探し、ではなく、ドナが昔の恋を思い出し、失ってしまった想いを取り戻そうというものに変わっていくのも、この作品の面白い所だと思います。観ていく内に、「あれ、主人公って誰だっけ」と思ってしまうようなところがあり、ソフィと一緒に母親が昔愛した人は誰なのか、どうして別れてしまったのかなどあれこれ推測していくのも楽しいです。  ソフィとその母親の友人たちも独特で、特にドナの友人は恋多きターニャと独身主義を貫くロージーがとても良い味を出しています。彼女たちにもそれぞれソロパートがあり、個性的な歌をおもしろ可笑しく歌っています。

 

ソフィの友人は今、恋の真っ盛りという感じなのに対し、彼女たちは身体の不調や老いてしまった自分を自嘲しつつ、在りし日の思い出を懐かしんだり、まだまだ恋はこれからと燃えてみたりと忙しく、私もこんな風に年を取っても楽しく語り合える友だちが欲しいと思ってしまうほどです。  この映画の中で特に見所だと思うのは、豪華な出演者です。メリル・ストリープコリン・ファースなど、他の映画でイギリス貴族や時に首相として出ている人々が歌ったり踊ったり、あまりキレイとは言い難い普段着で走り回ったりしているのを見ていると、それまでのイメージが良い意味で崩れていきます。  

 

私はメリル・ストリープが好きなのですが、彼女がこんなにも歌が上手だとは思っても見ませんでした。おまけに踊っている姿も笑顔もキュートで、普段よく見る演技とはまるで違う顔に驚かされました。女優というのはホント、色々な役をこなさなくてはならないと思いますが、ここまでやってのける彼女には心底脱帽です。  映画のストーリーとミュージカルのストーリーはほぼ同じですが、少しだけ設定が違ったり、映画だけに使われる楽曲もあります。

 

ミュージカルを見て満足した方も映画は映画で楽しめると思いますし、違いを探してどっちの設定の方が良いか友だちと話し合う、なんて楽しみ方もあるのではないでしょうか。  それに、映画では舞台上で表現されていたドナの家や海などが、実際にギリシャの島で再現されているのを見ると、それだけで泣きそうになるほど感動的でした。映画には映画の、舞台には舞台の良さがありますね。

その洋画がオススメだと思う方は誰?

 ABBAの楽曲が好きな方にはとてもオススメです。男性が歌っている曲を女性が歌っていたり、その逆もあったりということもありますが、ABBAの曲を新たなアレンジでイキイキと歌っているところを見るのは非常に楽しいと思います。映画を見終わり、家に帰ってもまたABBAの曲を聴きたいとCDを探すこと間違いなしです。  

 

そして、もう今さら恋なんて歳でもないし、などと考えている大人の女性にもオススメです。作品に出てくる女性たちはとても自由で、楽しそうで、自分の心の赴くままに恋をして、弾けています。そんな彼女たちを見ていると、人間いくつになっても恋はできるし、恋をするって凄く良いことだなと素直に思えます。  だからといって、すぐに周りを見渡してもなかなか良い人なんていないものですが、あのころは楽しかったなぁ、だけではなく、まだまだ現役、がんばろう、という気力が生まれてくるような作品です。

これからその洋画を見ようと思っている方へのアドバイス

 マンマ・ミーア!はミュージカルですので、普通に話をしていたと思ったら突然歌い出すという、ミュージカル独特のルールがあります。それさえ把握しておけば、ミュージカルが苦手な方でも大丈夫だと思います。はちゃめちゃなストーリー展開ではありますが、時に喧嘩をしたり、文句を言ったりしながらも続く、母と子の温かいつながりや、お互いに想い合いながら何年もすれ違ってしまった恋の行方など色々に織り込まれ、最後には大団円を迎えるとても楽しい話です。  肩の力を抜いて、是非楽しんでください。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

性別:女性 年齢:39歳 職業:会社員 都道府県:山口県