読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

もう一度劇場で観たい洋画『レ・ミゼラブル』

洋画
スポンサーリンク

あなたが良いと思った洋画を教えてください

2012年版の『レ・ミゼラブル』です。

なぜ、その洋画が良いと思ったのでしょうか?

ミュージカルとして認知度が高い作品ですが、映画化については危ぶまれる意見もあったはずです。 しかし『レ・ミゼラブル』は実に素晴らしい映画で、感動せずにはいられません。 私はこの映画を、スクリーンで観られたことを幸せに思います。 ヒュー・ジャックマンなど、ハリウッドで活躍するスターも多く出演していますので、そういった興味から作品をご覧になった方もいるかもしれません。 ミュージカル映画ですので、好き嫌いは分かれるかもしれませんが、心の底から深く感動できるような作品かと思いますので是非多くの方にご覧になっていただきたいと思っています。

その洋画がオススメだと思う方は誰?

すべての方におすすめできると言いたいくらい、「いいから観てみて!」と思う作品です。 個人的にレ・ミゼラブルでは大変感動いたしましたので、「最近泣いてないな」とか「泣ける映画が観たい」とか、そういう方にもおすすめできるんじゃないでしょうか。 またこのような作品はやはり大きなスクリーンで観るとより素晴らしさが引き立ちますので、ホームシアターをお持ちの方にもおすすめです。

これからその洋画を見ようと思っている方へのアドバイス

ミュージカル映画は、歌唱シーンの録音はスタジオで行われるのが一般的なのだそうです。 しかしレ・ミゼラブルに関しては、撮影現場での歌声がそのまま採用されています。 その生の歌声があるからこそ、感動もより深くなったのではと考えられますし、演じる側としてもそのような撮影方法には好意的だったようです。 そして個人的には、エポニーヌのシーンは涙なしでは観られないので、そのシーンにも注目していただきたいですね。 叶わぬ恋をしている女性であれば、涙が止まらないのではないでしょうか。

 

エポニーヌ役はサマンサ・バークスという女性が演じていますが、実はこの役はテイラー・スウィフトが演じるかもしれなかったと言われています。 ただおそらく、彼女の演じるエポニーヌを知れば、「サマンサ・バークスでよかった」「サマンサ・バークスしか考えられない」とさえ思うのではないでしょうか。 それくらい、彼女の歌声は魂に迫るものがあったと思います。 なおご存知の方も多いでしょうが、レ・ミゼラブルでファンティーヌを演じたアン・ハサウェイはその演技が認められ、見事オスカー女優の仲間入りを果たしました。 その演技にも注目してみるといいのではないでしょうか。

 

そしてヒュー・ジャックマンの演技も素晴らしく、感動してしまいます。 とにかく予備知識などなくても感動できる映画だと私は思っていますが、こうした情報を得てから観るのもまたいいことなのかもしれません。 さらに涙なしでは観られないシーンとしては、ガブローシュのシーンも忘れてはいけません。 ネタバレのおそれがあるのであまり詳しくは書きませんが、このガブローシュというのはまだ幼い子どもなのです。 日本のミュージカルでは、加藤清史郎くんがガブローシュ役を演じていたことがあったそうです。

 

身長が伸びたためもうガブローシュ役を演じることはできないそうですが、清史郎くんのガブローシュも評価が高かったようです。 この映画はレ・ミゼラブルのミュージカルを原作としている作品ですので、ミュージカルをご存知の方であれば違った見方ができるかもしれません。 そしてこの映画には、テナルディエ夫人役でヘレナ・ボナム=カーターも出演しています。 彼女と言えばティム・バートン監督作に多数出演している女優としても知られ、またコスチュームを着用して演技をすることが多い女優としても有名です。 今回ももちろんバッチリコスチュームを着用しています。 彼女ならではの存在感が今作でも発揮されているかと思いますので、彼女にも是非注目してみてほしいですね。 私は今のところ、劇場と合わせてレ・ミゼラブルを2回観ております。

 

ただこの先、視聴回数はどんどんと増えていくでしょう。 それくらい、何度も観られる作品ではないかと思います。 個人的には、劇場でもう1回くらい観ておけばよかったと少し後悔しております。 再上映なんて話があれば、まず間違いなく劇場に再び足を運びます。 もちろん、自宅のテレビで観たとしても作品の素晴らしさは変わりないと思いますが、レ・ミゼラブルに限らず洋画の多くは大きなスクリーンで観たいと思わせることが多いものです。 そのスケールの大きさも、洋画の魅力のひとつと言えるでしょうね。

 

レ・ミゼラブルは本当に素晴らしい作品だと思いますので、ミュージカル映画だからなと視聴をためらっていた方にも是非観ていただきたいですね。 魂に訴えかけるような作品だと思いますから。 いわゆる感動ものの作品でも、魂にまで迫るような作品は少ないはずです。 こういった点を踏まえると、レ・ミゼラブルという作品は他と一線を画す作品だと言えるのではないでしょうか。 そしてミュージカル映画をここまで成功させたトム・フーパー監督も、大変素晴らしい監督だと思います。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

新潟県在住、25歳女性です。