読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

兄弟愛を感じる映画「レインマン」

スポンサーリンク

なぜ、その洋画が良いと思ったのでしょうか?

ダスティ・ホフマンとトム・クルーズのダブル主演映画でした。兄のレイモンドと弟のチャーリーは歳の離れた兄弟でしたが、あるチャーリーは旅行中に父親の訃報を聞きます。急いで駆け付けた彼を待っていたのは、自分では無い他の誰かが財産を相続をするという内容の遺言書でした。その人こそ実はチャーリーの兄だったのです。兄のレイモンドは自閉症の為に現在は施設で暮らしています。その時にはチャーリーはレイモンドの存在を忘れていたようでした。 父親と折り合いの悪かったチャーリーに遺された物とは、薔薇の木と車一台という事でした。納得の行かないチャーリーは兄のレイモンドの後見人となり、半分遺産を手に入れようと画策してレイモンドを施設から連れ出す事にします。施設に着いた時レイモンドはテレビを見ていました。

 

自閉症のレイモンドは毎回欠かさず見ているテレビ番組があったのです。レイモンドは他にも視たい番組があったので、チャーリーはそれを上手く言い含めるのに苦労をしましたが、何とかレイモンドを施設から連れ出す事に成功をしました。 兄を連れ出したチャーリーはあるモーテルに宿泊をします。そこでレイモンドと話を始めます。レイモンドは幼いチャーリーがレイモンドのせいで火傷をしそうになった話をします。そしてこのままではチャーリーがレイモンドによって怪我を負わせられる事になるのではないかと心配をした二人の両親は、レイモンドを施設に預ける決心をします。 その話を聞いたチャーリーは、昔の記憶を思い出して行きます。「レインマン」と呼んでいた人が居た事を思い出します。そしてレインマンはレイモンドの事で、幼い頃レイモンドと上手く発音が出来なくて、レインマンと呼んでいた記憶がレイモンドの話と繋がるのです。その時にチャーリーはレインマンが大好きだった事も思い出すのです。

 

そしてチャーリーは遺産目当てで無くて本心でレイモンドの後継人になる事を決意するのでした。 ある時チャーリーが店の中で床に落としたマッチ棒の数を瞬時に数えてしまった事や、レイモンドの話す内容からレイモンドが記憶力がずば抜けて高い事に気付きます。その事を思い出したチャーリーはカジノでレイモンドの能力を利用して大儲けする事が出来ます。その後レイモンドが好きになった女性と上手く行くように協力をしたり、チャーリーの恋人にダンスを教えて貰ったりと、兄の為に出来る事をしてあげます。 この時点で二人はこれから兄弟で暮らすようになるのだと思ってホッとしました。それでも二人の生きる場所はやはり同じ場所という訳には行きませんでした。心を通わせた二人でしたが、別の道を進まなくてはいけない事に気付きます。悲しい事だとは思いましたが、やはりこれがお互いの為にはベストな方法だと納得をするしかありませんでした。やっと巡り会えたこの世に2人だけしか居ない兄弟がまた離ればなれになる事は、何とも無情な気持ちになりました。 それでもお互いの幸せの為にはそうする事が一番であるという事なのでしょう。自閉症の兄を演じたダスティ・ホフマンは見事に演じ切りました。そして今までは自由奔放でどちらかと言うと自分の事しか考えて来なかった弟を、トム・クルーズもまた絶妙なバランスで演じ切っていたと思います。

 

施設から兄を連れ出した時に、二人が道を歩いている姿は映画が公開された当初にもCMで何度も流れていました。元々二人の身長は大きく違っている事や、兄のレイモンドが少し首を曲げながら歩く姿と、その横を歩くチャーリーの姿はとてもはっきりとした対比の映像となっていました。それだけダスティ・ホフマンが見事に自閉症の役を演じ切っていたという事と、自由で我がままだけど、何処かに寂しさと優しさを隠している演技が絶妙だったトム・クルーズとで、二人の名優の素晴らしさが際立った映画であったと思います。

 

材題自体も面白かったのですが、やはりこの二人の夢の共演が見事にツボに嵌まったと言えるのではないでしょうか。トム・クルーズはとてもカッコ良かったですし、ダスティ・ホフマンは本来はとても二枚目の俳優であるのですが、いつも首を少しかしげる自閉症の役を研究し、見事になり切っていると思いました。 長い間お互いに会う機会に恵まれなかったとしても、幼い頃の思い出が二人を結び付け、兄弟愛に目覚めるまでの描写がとても面白かったです。自閉症という病気を持ちながらも生まれてきた弟をとても可愛がり、弟はそんな兄をレインマンという名前と共に記憶の片隅に残していたという事実が、とても感動的でした。涙無くしては視られない映画であると思います。

これからその洋画を見ようと思っている方へのアドバイス

ダスティ・ホフマンは実績も実力もある俳優です。そしてトム・クルーズは出演する映画をヒットさせる事の出来る人気や実力を兼ね備えた俳優です。そんな二人の演技をただ視ているだけで自然に感動をさせて貰える映画と言えます。 

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

48歳、夫、娘、息子の4人家族 専業主婦、埼玉県在住