読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

メルシィ!人生は、生きるとはこういうこと、を描写している映画です

スポンサーリンク

あなたが良いと思った洋画を教えてください

フランス映画のメルシィ!人生です。 フランス映画は、雰囲気がおしゃれだからです。 メルシィ!人生では、フランス映画特有のおしゃれな感じを 全体に醸し出しつつも、人生についていろいろ考えさせて くれる映画なので、良い映画だなと思いました。 日々、なんでも大人しくしていることが良いことではない ということも、教えてくれている気がします。 主人公のピニョンは、とても大人しい性格の会社員です。

 

会社では、真面目に仕事をしていますが、あまりにも大人しく 過ごしているので、リストラの候補になってしまって、 本当に最終的にはリストラにあってしまいます。 それでも周囲のアドバイスや助けによって、家族を養うために と大胆なパフォーマンスをしてリストラを会社側に撤回させる ことに成功して、美人部長にも見直されるという映画です。 子供を産んだ女性は強いとよく言いますが、 家庭を持っていて家庭を養っていかなければならない父親 というのも強いな、と感じられる作品の代表のような 気がしました。

 

リストラ撤回のための大胆なパフォーマンスは上品な内容では ありませんでしたが、父性愛も強く感じられる部分があるので、 良い映画だと思いました。 大人しいピニョンは、女子社員に好奇の目つきで見られたり、 面白がられていました。 そこから、大胆パフォーマンスで、美人部長からの 評価がすっかり変わってしまうところは、人間の評価というものは、 それまで培ってきた信頼も一瞬で壊すことができるものだし、 逆に、何かをきっかけに一気に見る目が変わり、評価が高くなる ということもありえるんだな、ということをこれでもかというくらいに 表現している映画で、そういう面白さを84分に凝縮させた ところも素晴らしい映画だと思いました。

なぜ、その洋画が良いと思ったのでしょうか?

真面目に勤めていながらも、単に大人しいという理由だけで、 リストラしやすいということでリストラにあってしまうピニョンの そこからの巻き返しぶりの強さに、生きてくということは こういうことなのかもしれない、と感じられるおもしろさが あるからです。 リストラにあったときに、マンションのベランダで悩んでいた 主人公のピニョンに、隣の部屋に住んでいた老人男性が、 ピニョンの様子がおかしいことに気が付いて、話を聞き出します。

 

そこで、ピニョンは、老人男性に事の詳細を話します。 老人男性のアドバイスは、会社で取り扱っている商品の特性を 生かしてそこを責めるアドバイスをします。 要は、会社の弱みを握る手法です。 この展開は、かなり破天荒で仰天パフォーマンスになりますが、 人生長く生きてきた人だからこそのアドバイスでもあると思います。 パフォーマンス内容は、一見ふざけたような感じにも見えますが、 老人がアドバイスするときは、至って超真剣な顔つきです。

 

そのシーンの凄味も面白くて良い映画だと思える部分です。 私がピニョンの立場なら、隣に住んでいる老人のアドバイスは、 絶対にできません。 さっさと転職活動してしまうと思います。 それでも、やってのけるピニョンの大胆さは、やっぱり 家庭を持っている人の強みなのだろうな、と思いながら 見ていました。 大きな賭けに近いようなパフォーマンスというのは、結果を 予測したところで、その後はどうなるかということは、やって みなければ結局のところは分かりません。 ピニョンのパレードのパフォーマンス中の微妙な顔つきは、 パフォーマンスに及ぶ主人公のその後の展開を、 主人公のピニョンも分からないという空気です。 見ているこちらも、全く予想がつかないという面白さもありました。

 

この展開から、人間は腹を括れば、何かしらの結果が出る ということも教えている良い映画だと思いました。 腹を括るということの究極を表現している映画でもあると 思ったからです。 腹を括った行動の結果、口うるさい嫁に愛想を尽かしてしまう というピニョンの価値観の変化も注目点だと思います。 パフォーマンスがどぎつかったので、精神的にも一皮 むけたのでは、と思いました。 ひたすら大人しかった時代には、口うるさい嫁でも惚れていた みたいですが、その変貌ぶりは、パフォーマンスを 通して周囲からの自分の評価が変わったことで起きた 変化です。 私にかぶる部分は一切ない主人公ですが、それでも 他人ながら嬉しくなれる良い映画です。 パフォーマンス後に人間としての深みも増した ように見えました。

その洋画がオススメだと思う方は誰?

会社でいじめられている人にオススメです。 何もピニョンのように、あくまで映画なのであんなレベルの パフォーマンスをすることはありませんが、 いくらでも応用の効く元ネタになる可能性を秘めている 映画だと思うので、一度見てみると良いと思います。 会社では、協調性はもちろん基本だとは思いますが、 ある程度自己主張をして、面倒くさい人物を演じていることも 処世術の一つと感じられる作品です。

これからその洋画を見ようと思っている方へのアドバイス

84分で終わるので、時間がない人でも楽しめる映画なので、 忙しい人でも楽しんで見られる映画です。 忙しい人にもオススメです。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

犬猫と同居している34歳の女で、岩手県在住です。