読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

Vフォー・ヴェンデッタ格闘シーンが見所の映画です

洋画
スポンサーリンク

あなたが良いと思った洋画を教えてください

Vフォー・ヴェンデッタ  ジェームズ・マクティーグ監督

なぜ、その洋画が良いと思ったのでしょうか?

1番凄い!と感じたのは格闘シーンです。Vは基本ナイフか格闘で戦います。このナイフ裁きが尋常じゃないです。国営放送のTV局に乗り込むシーンなどはあっという間に警察数人をナイフで倒してしまいます。その無駄の無い動きはプロというか獣が紳士になったような動きです。そして最後の格闘シーンでは警察十数人に囲まれての銃対ナイフ。スローモーションを混ぜて描かれるこのシーンはさながらマトリックスを彷彿させる映像美です。ナイフのみで次々と倒していくVの動きは圧巻です。そしてイヴィーの成長を通して描かれる人間としての本質は深く考えさせられます。

 

「命しかないと思ったはずだ」そしてそれをも乗り越えたところに崇高な精神があるということ。宗教とか思想とかそんなのではなく人としての大切な何かを垣間見ることが出来た気がします。もちろんVの変化も見どころの1つです。「憎しみしかなかった」そう言うVにもイヴィーに関わることによって何かを見つけていく。Vは人らしさを取り戻していきます。その人としての感情を取り戻せば取り戻すほどに、今さらそんな風にはなれないと苦悩するVの気持ちも伝わります。そして全ての目的を達した後に瀕死のVがイヴィーに会いに行こうと向かいます。そして気持ちを伝えようとするVにはとても切なくなります。

 

そして最後の議事堂爆破の花火をフィンチ刑事と共に観る。Vとは誰なんだ?その答えをイヴィーは知っていて、いや気付くことが出来てフィンチ刑事に答える風ではなく、独り言のように呟く。その答えに全てが凝縮されていると感じました。この物語を通してのイヴィーの成長は特に観るべきポイントだと思います。見た目の印象もそうですが顔つき、眼差しの奥にある力強くも優しい瞳が物語ります。 主人公を演じるV役にはヒューゴ・ウィーヴィング、彼は完全にハマリ役で終始仮面をつけているVなので声と素振りだけで演じなければならないわけだがこの声が凄い、圧巻です。彼以外の人が出来るのかな?と思ってしまうほど。ヒロインのイヴィー役には誰もが知るナタリー・ポートマン、彼女も作中頭をボーズにするなどかなり挑戦しています。

 

他にもスティーヴン・レイジョン・ハートと渋いメンツも出ています。 時は近未来で第三次世界大戦後のイギリス。そしてイギリスは完全独裁国家という異質な設定。アメリカが事実上崩壊した状態でその他の世界には一切触れないというサッパリさです。イギリス国内はというと国営放送は政府に牛耳られ、秘密警察が街中を支配し汚職天国状態。国民は夜間外出禁止で思想も言論も押さえ込まれている。そんな状況の中、政府に挑戦するVが登場する。彼は素性も思想も不明、偶然会ったイヴィーも彼に助けられるがVに対する猜疑心はとれない。そんな中Vは手段を選ばず国営放送を乗っ取り人々に生きる意味を語りかける。

 

抑圧された国民はVの言うことに何かを感じ、Vが約束した1年後の約束を胸に刻む。その後偶然が重なりイヴィーをかくまうことになるV。そしてVがとった行動は想像もつかないようなやり方でイヴィーを監禁することになる。結果的にイヴィーの精神を解き放つことに繋がるのだがその間イヴィーは廃人寸前まで追い詰められる。そして生まれ変わったイヴィーに真実を教え約束をして分かれる。この頃Vの中にも無かった感情が芽生えてくることに気付きだす。1年後11月4日、国民と約束した日を迎えるVは最後のミッションを成功させるべく動き出す。同時にイヴィーもVとの約束のために動き出した。この日政府の思惑とVとイヴィー、約束を胸に刻んだ国民が何かを起こす。

その洋画がオススメだと思う方は誰?

この映画はどんな人にもお勧めかもしれない。さすが革命精神の国イギリスって感じ。しいて言えば歴史や社会がまだ理解出来ていない年齢レベルだとよくわからないかもしれない。仕事でも人間関係でも革命的なインパクトをつけるにはどうしたらいいのか?より多くの人の心にリンクするにはどうしたらいいのか?そんなことが感覚としてわからしてくれる。劇中では「象徴」や「約束」巧みな言動によって人々の心を内側から操っていく様子は色々な職業の人に精通しそうです。

これからその洋画を見ようと思っている方へのアドバイス

とにかく色々な意味で面白いです。歪んだ社会、間違った世界観、異質の愛、圧巻の格闘、どれを中心にしても一級品のクオリティです。そしてなによりもシンプルなストーリー性とメッセージ性があります。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

東京都在中、男性、会社員、34歳、映画が大好き。 現在も映画館にはよく行きます。洋画中心ですが最近いいのが少ないなと。 地球規模系やCGが凄い系など多く、人間ドラマ的なものを探し中。