読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

親子の関係を描いた映画「エデンの東」

スポンサーリンク

あなたが良いと思った洋画を教えてください

エデンの東」です。

なぜ、その洋画が良いと思ったのでしょうか?

この映画の主な登場人物は父親、そしてその父親の息子二人です。息子のうちの一人は優秀で柔順な優等生として知られており、もう一人はいわゆる不良少年として知られています。しかし不良少年として名が通っている方の息子は実は父親の気を引きたくて仕方がなく、ただただ父親から愛情を注がれたいだけだったのです。 その気持ちを素直に表現できない息子と、その息子の気持ちを汲み取れなかった父親との悲しいストーリーが展開されていきます。そしてとうとう父親の口から息子に対して「お前を愛していない」という言葉が発せられたとき、息子は自分の気持ちを抑えきれずに泣き崩れてしまいまうのです。

 

この不良息子を天才と呼ばれながらも若くして亡くなってしまったジェームズ・ディーンが演じているかなり古い映画です。しかし現代の親子関係を考えさせられる非常のよい映画であると感じました。父親と子どもは非常に強い関係で結びついているはずです。しかしその思いを伝えることは容易なことではないかもしれません。特に日本人はそのような思いを身内に伝えることに慣れてはいないかもしれません。そうだからといってそれを怠るなら、お互いの思いを知ることができないケースもあります。

 

特に子どもが難しい年頃に差し掛かったときには父親の助けが必要になります。にもかかわらず父親が必要な助けを息子に与えられないことがあります。その原因の多くは意思の疎通が十分でなかったことと関係しています。 この映画は父親と子どもの意思疎通が非常に大切であることを教えてくれる映画であると感じています。

その洋画がオススメだと思う方は誰?

子どもを持たれる親の立場にある方、そして若者に見てほしい映画です。先にも述べたように、親子の意思疎通は非常に重要です。しかしそれに気づかずに毎日を過ごしてしまうことがあります。何となく家族と会話することに慣れていないとか、反抗期の子どもに話しかけることには何となく抵抗があると感じてしまう人もいらっしゃることでしょう。 しかしどんなに反抗的な態度を取る子どもでも親には感謝しており、親のアドバイスを必要としています。しかしそのような気持ちを素直に表現することができないために反抗的な態度を取ってしまったり、親を無視してしまったりすることがあるのです。恐らくそのような態度を取る子どもが素直になるまで黙って待っているなら、何らかの問題が生じてしまうでしょう。しかし親が先手を打ち、どうにかして子どもの思いを汲み取ろうとするなら物事は上手くいくかもしれません。

 

少なくとも子どもは自分は親に愛されているということを理解できます。 また中にはこの映画の主人公がそうであったように、親の気持ちを自分に引きつけたいがゆえに反抗的な態度を取る若者もいます。それで親は子どもが悪いことを行ったときにただ叱りつけるのではなく、悪いことを行った理由を聞き出し、原因を突き止めることが必要でしょう。そうするなら子どもの気持ちを汲み取ることができます。 こうしたことがよく理解できる映画ですので、親と子どもが別々にこの映画を見ることもよいのですが、できれば同じ部屋で一緒に見ることが望ましいのではないかと思います。

これからその洋画を見ようと思っている方へのアドバイス

先にも述べたように非常に古い映画です。主人公が不良少年ではあるものの、今現在のようなクルーエルな犯罪に加担するようなシーンは全くありません。家族そろって安心して見ることのできる映画です。親と子どもの意思疎通、そして親が子どもに対して愛を示すことの重要性を示している映画であり、そのようなことができずにいる人たちには是非見てほしい映画ですが、親子の意思疎通が上手にできている人や、愛情を上手に示すことが既にできている親の皆さんが見ても非常にためになる映画です。

 

子どもから大人になりかけている若者の心は常に変化していきます。それでそのような若者は経験のある大人の助けを必要としています。もちろんそのような助けを血のつながっていない他人から与えられることもあるでしょう。しかし実はそのような助けが親から与えられることを子どもは望んでいるのです。そのようなことを再認識させてくれるのがこの映画です。 少し悲しいストーリーですし、悲しいエンディングではあるものの今のモダン社会で忘れられていることを教えてくれるような映画です。もちろん流行の映画のようなスリリングなものではありませんが、ゆっくりとした時間にくつろぎながら観賞されることをおすすめします。是非一度家族でご覧になってください。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

神奈川県に住む39歳の男性です。翻訳会社に勤務しています。家族構成は妻と二人暮らしで、子どもはいません。