読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

アクションシーン満載の洋画「ドラゴン・キングダム」

洋画
スポンサーリンク

あなたが良いと思った洋画を教えてください

私は数年前に観たジャッキー・チェンジェット・リーが出演していたドラゴン・キングダムが最高の洋画だと思っています。 二大アクションスターが初めての共演ということで観る前からとにかく楽しみで仕方なかったのですが、観終わった後もその期待を裏切ることはありませんでした。

なぜ、その洋画が良いと思ったのでしょうか?

まずジャッキーとリーという世界的に活躍しているアクションスターが初めて共演するというのがポイントです。それだけでも大興奮なのになんとこの二人のバトルシーンがあるのです。ジャッキーとリーは同じカンフースターでありながらタイプがまったく違います。ジャッキーはパワーと大胆さがあり、それに対してリーはスピードと繊細さがあります。そんな二人の戦いがとにかくしびれました。 そしてもちろんストーリーもよかったです。西遊記の伝説をモチーフにしていて、現在の話ではなく、中国の過去が舞台となっています。

 

その舞台の雰囲気がなんともいいのです。広大な中国の古き良き時代を舞台に二大スターと主人公の少年が悪を倒すという一見単純なストーリーなのですが、意外なところで凝っています。 その凝り方がラストで私にある驚きをもたらしてくれました。 その他各登場人物が個性的で魅力なのもこの洋画のよかったとこです。ヒロインや敵役などジャッキーとリーに決して引けを取らず魅力たっぷりでした。 私はジャッキー・チェンの大ファンなのでこの洋画も興味を持ち観たのですが、観終わった後にはそれまであまり興味のなかったジェット・リーの大ファンにまでなってしまったほどです。

 

それほどこの洋画は出来がすばらしかったということです。 そして他にも映像美がすごいということもあります。CGをふんだんに使い、迫力あるバトルシーンやその他のシーンが満載です。ストーリーはもちろん迫力ある映像もすごく楽しめました。 私はこういったファンタジーの要素が入った夢あふれる作品が大好きなので、まさに私にとってはどストライクの洋画でした。どれをとっても素晴らしいとしかいいようがなく、この作品ほど私のワクワク感を満たしてくれる作品はなかったといっても過言ではありません。この作品を観終わった後にはまるで自分がアクションスターかになったような気がしたのと同時にしばらくは何をするにもついアクションが大げさな振る舞いになったほどハマってしまいました。

その洋画がオススメだと思う方は誰?

アクション映画が好きな男性はもちろんのこと、女性にもオススメだと私は思います。全編アクションばかりであれば、女性には向かないかなと思うのですが、この洋画はストーリー性もありラストには驚きも待っています。 そして西遊記を元にしたファンタジーのようなアドベンチャーのような夢のあるストーリーでもあるので、小さな子供でも十分楽しめるのではないかと思います。最初から最後までワクワクしっぱなし、おまけにジャッキーとリーの見所たっぷりのバトルシーンなど、とにかく最後まで飽きることなく惹きこまれること間違いなしです。そのため小さな冒険心あふれる男の子から大人の男女までにオススメの洋画だと思います。 この洋画はバトル物でもありファンタジーでもあり歴史物でもありアドベンチャーでもあるとっても贅沢な作品です。なので幅広い世代に楽しめるエンターテイメント作品になっているのではないでしょうか。

これからその洋画を見ようと思っている方へのアドバイス

物語冒頭からラストまで見所たっぷりですが、私としては隅から隅まで見逃すことなく楽しんで欲しいと思います。 話の展開自体はそう難しいことなく肩の力を抜いて観れるエンターテイメント作品となっていますが、思わぬところに思わぬ伏線があったりするのでそういったところも見逃すことなく、楽しんで欲しいなと思うのです。 そしてやはり一番の見所はジャッキーとリーのバトルシーンです。二人の身のこなし方の違いやタイプの違いなどそれぞれの個性を見比べながら観るのもよいのではないでしょうか。

 

そして最後にこの作品は一人で観てももちろんですが、大勢で観ても楽しめます。またカップルやファミリー、友達同士など誰と観ても安心して楽しめます。まるでジェットコースターのようなスピード感ある展開があるかと思えば、逆にゆったりと流れる水のようでもあるので、きっと最後までだれることなく飽きることもなく楽しめることだと思います。なのでぜひスカッとしたいとき、気分が落ち込んだとき、ただ純粋に楽しみたいときにはこの洋画で元気をもらえると思います。 とにかくまずは観てください。そうしてその世界観を純粋に楽しんでもらいたいです。そして一度といわず二度三度楽しめる作品で観る度に違う驚きが待っていることでしょう。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

二十代男性、関西地方に住んでいて家族は四人です。