読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

東野作品のトップクラスに入る「パラレルワールドラブストーリー」

スポンサーリンク

あなたが良いと思った小説と著者名を教えてください

東野圭吾さんのパラレルワールドラブストーリーという小説です。この小説は初めて読んだときになんだこの作品は?といい意味で思ったものです。そして今では私の大好きな作品となっていて、ことあるごとに読み返したり、人に薦めたりとしています。

なぜ、その小説を読むことになったのでしょうか?

私はもともと東野圭吾さんの小説の大ファンで、すべての作品を読んでいます。東野さんといえば主にミステリー小説を執筆しているように思えますが、決してミステリーだけではなく、サスペンスやSF、学園ものなど幅広いジャンルとなっています。 そんな中この作品はタイトルにラブストーリーと名がついているので、私は読む前には純愛ものなのかな、そして最後には感動が待ち受けているのかなと思っていました。しかしどんなストーリーにしろ東野さんなので一筋縄ではいかないだろうと読む前から期待していました。

 

ただ読んでみるとラブストーリーではありながらミステリーでもあり、SF要素もある作品でした。でも私の期待を上回ってくれ、SF要素はありながらもきちんと地に足の着いた小説となっていました。 そしてこのパラレルワールドラブストーリーは、本屋さんで好きな作家さんの新作はないかなと探している時にたまたま見つけたものなのですが、その時私はまだ東野さんの作品はそこまで多く読んでいるわけではありませんでした。ですがもちろん東野さんの小説が面白いということはわかっていたので、見つけて即購入を決めたのでした。

その小説を読んで良かったと思う感想

この小説は過去と現在が同時に進行していきます。そしてこの二つがどう繋がるんだろうと思いつつ読み薦めていたら、見事に繋ったので鳥肌が立つくらいの感動を覚えました。 タイトルにラブストーリーとありますが、これはミステリーでもあり純愛ものでもあり、とっても切ないお話となっています。 主人公が友人の恋人を好きになってしまう、そして自分の記憶が改ざんされていることに気づく、なぜ記憶は改ざんされているのか、その真相に迫りつつ友情と愛情どちらを選ぶのかなど主人公が葛藤しながらも前に進んでいく姿には、まるで作り物の話だとは思えない臨場感があり、私自身登場人物たちに感情移入を思いっきりしてしまいました。

 

また東野さんといえば理系に明るい方ですが、この小説も脳の記憶やヴァーチャルな部分をかなり専門的に解説してくれています。そのためありえないと思いながらも心のどこかでは私が知らないだけでもしかすると現実に起こりうることなのかもと、読んでいる間も読後もいろいろと考えさせられる内容でした。そしてけっして夢物語だとは言い切れないところに怖さと面白さがあり、私の中では東野さんの小説の中でもこの小説はトップクラスに入ります。

その小説がオススメだと思う方は誰?

脳科学や平行世界、過去と現在などいろいろと難しい話も散りばめられているのですが、だからといって決して分かりにくくややこしい内容だというわけではありません。そのため今どきの高校生や大学生くらいの若い世代にこそ読んでほしいと思います。 そしてSF要素はあるもののけっして荒唐無稽というわけではないため、ご年配の方にも楽しんで読めるんじゃないかなと思います。とくに理系の方には興味深い小説なのではないかと思うので、私自身は決して理系ではありませんが、理系の方にもオススメだと思います。 またこの小説は純愛が軸となっています。そのため若い女性にも共感してもらえる部分が数多くあるのではと思います。そして女性ならより感動を味わえるのではないかなとも思います。 そういったことで若い世代、そして理系の方などに薦めたい作品となっています。

これからその小説を読もうと思っている方へのアドバイス

まずこの小説は話の導入部で一気に興味を惹かれると思います。どんなお話でも始まりの部分は大切で、そこで失敗をするといくら内容が良くても、読者が興味を持ってくれません。その点この小説は導入部こそが軸となっているといっても過言ではないほど、よくできた始まり方となっています。 そして読み進んでいくと過去と現在や脳科学など少し取っ掛かりにくい話もでてくるのですが、ぜひ最後まで読んでほしいです。

 

それまでの伏線が回収され、過去と現在が繋がった瞬間の感動は言葉では言い表せないほどです。 どこまでも切ないラブストーリーですが、読後にすばらしい余韻が残ります。そういう意味では後々まで引きずる小説といった感じです。もちろんそれはいい意味で引きずるのです。 最近読書をしていない方、活字を読むのが苦手な方でも東野作品ならハズレは少ないと私は思うので、本当にぜひ読んでほしいと思います。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

兵庫県に住む40代の主婦です。主人と男の子供が二人いるごく平均的な家庭です。