読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

乱歩の最高傑作「押絵と旅する男」に秘められたもう一つの恋

スポンサーリンク

あなたが良いと思った小説と著者名を教えてください

江戸川乱歩押絵と旅する男

なぜ、その小説を読むことになったのでしょうか?

江戸川乱歩と私の出会いは、当時多くの子どもがそうであったように「少年探偵団シリーズ」でした。ポプラ社から出ていたシリーズは、小学生の男子に大人気で、学校の図書館で借りるのも順番待ちだったことを覚えています。少年探偵団に夢中になり、明智小五郎に憧れ、怪人二十面相にどきどきした、それが私の「乱歩体験」でした。 その後、しばらく、乱歩とは「疎遠」になっていました。「再会」は高校時代。「乱歩の大人のための小説」を読むようになったのです。大正12年のデビュー作「二銭銅貨」に始まって、「D坂の殺人事件」「心理試験」「屋根裏の散歩者」「赤い部屋」などなど。

 

初期の本格探偵小説を夢中になって読みふけったものです。 そして、その少し後にめぐり合ったのが「押絵と旅する男」。これは、純粋な意味の探偵小説(推理小説)ではありません。幻想小説のジャンルに属するもので、後になって知ったのですが、探偵小説の執筆に行き詰まった乱歩が、昔書いた習作を、雑誌に穴を開けないために発表した、とのこと。つまり、乱歩にとっては苦し紛れの発表だったわけです。 彼はあくまで「本格推理」にこだわっていて、ですから、「押絵と旅する男」の発表は不本意だったのでしょう。しかし、その完成度は非常に高く、今日では「江戸川乱歩の最高傑作」というのが定説のようになっています。

その小説を読んで良かったと思う感想

そうした事情はまったく知らずに読みましたが、読了後、まるで白昼夢を見ているような気持ちにさせられたものです。時空を越えた小説政界に引き込まれ、まるでその世界の住人になってしまったかのような錯覚を、読み終えた後にも感じたのです。 あらすじを簡単に説明しておきます。主人公の「私」は乱歩自身と考えていいでしょう。「私」は能登半島魚津まで、蜃気楼を見るために東京から一人旅をします。冒頭、その蜃気楼の描写がかなりていねいにされますが、物語の本筋とは直接関係ありません。蜃気楼の描写を通じて乱歩が表したかったのは、「ものの見え方の不思議さ。幻視の魅力と恐ろしさ」だったのではないでしょうか。 さて、その旅の帰り。

 

東京へ向かう列車で、「私」は一人の男と乗り合わせます。黒い古めかしい背広を着た「西洋の魔術師のような」痩せぎすな男は、40歳とも60歳とも見える不思議な印象の人物です。 その男は大きな平たい風呂敷包みを席の脇に立てかけている。「私」が「なんだろう」と興味を示し、男の下へ行きます。男は「あなたが来るのを予見していた」というような不気味なセリフを口にし、その荷物を見せます。それは、大きな「押絵」でした。 押絵(今でも羽子板で見る、立体的な細工絵)に描かれているのは二人の人物。振袖姿の「八百屋お七」と、黒い洋服を着た初老の男。どうしてそんなミスマッチの男女が描かれているのか。男はなぜ、そんなものを持って旅をしているのか。「西洋の魔術師のような」男が、物語り始めます。 物語の主人公は、男のお兄さん。時は明治28年、お兄さんが25歳の時の「恋わずらい」の話です。お兄さんの様子がどうもおかしい。毎日一人でどこかへでかけて行っては、帰ってきてため息ばかり。食事もろくにとらない。心配した「私」(ここでは魔術師のような男)があとをつけていくと、たどり着いたのは「浅草十二階」。正式には「凌雲閣」という、12階建ての当時の「高層ビル」の屋上です。 お兄さんに詰問すると、「以前、ここから遠眼鏡(双眼鏡)で浅草の町を覗いていたら、人ごみの中にとんでもない美少女が一瞬見えた。それ以来、彼女のことが忘れられなくなった」といいます。つまり古風な「恋わずらい」というわけです。 それがどうして、「八百屋お七」の押絵につながるのか。

 

振袖姿のお七といっしょにいる「黒い背広の男」は何者なのか。これ以上はネタバレになりますし、初めて読む方の興をそぐことになるでしょうから、あらすじ説明はここまでにしておきましょう。 「私」が語り手の一人称独白体でありながら、物語の核心部分は、もう一人の「私」、すなわち列車に乗り合わせた「魔術師のような男」が語る、という二重構造。冒頭から漂う「幻視」の雰囲気。乱歩独特のねちっこい文体。どれをとってもおもしろく、後半は息を継ぐ間も惜しいような気になって、一気に読み終えてしまいます。

その小説がオススメだと思う方は誰?

現実に疲れ、「夢を見たい」と思っている社会人におすすめしたい「ちょっとこわいファンタジー」です。こわい、といっても何か事件が起こるわけではまったくありません。「人間の心の不気味さ」がちらりと覗く、そんなファンタジーなのです。 それだけに、10代の人より、20代、30代の人におすすめしたい作品です。

これからその小説を読もうと思っている方へのアドバイス

物語の鍵を握るのは「遠眼鏡」。前半で、男に遠眼鏡で押絵を見るように言われた「私」が、うっかりメガネを逆さにして覗こうとすると、男は真っ青になってこう叫びます。「いけません。いけません。それはさかさですよ。さかさに覗いてはいけません。いけません」 この件を意識して、読みすすめるといいでしょう。そして、これは私の私見ですが、この作品には「お兄さんの恋わずらい」とは別の「隠された恋」があるのではないか、と思っています。それは「魔術師のような男」の恋。その対象はだれなのか。・・・そんなことを「推理」しながら読んでみるのもおもしろいのではないでしょうか。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

埼玉県、56歳、男性。妻と二人暮らしの自営業者です。