読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

音楽的構成の美しい小説「美しい村」

小説
スポンサーリンク

あなたが良いと思った小説と著者名を教えてください

堀辰雄「美しい村」

なぜ、その小説を読むことになったのでしょうか?

初めて「美しい村」を読んだのは、高校生の時。当時、私は文学にハマっていて、かなりの読書量でした。中心は日本近代文学でしたので、「文学史の流れ」の中で、堀辰雄の作品をいくつか読み、その一つが「美しい村」だったのです。 そのころは、私にとって堀辰雄は特別な存在ではなく、「美しい村」の読後感も、「リリカルで描写の美しい、感じの良い作品」といった程度でした。 それからしばらく、堀作品とは遠ざかっていたのですが、二度目の出会いが、私にとっては強い印象を残すものになりました。

 

それは、「結婚」です。私は二十代後半で結婚。新婚旅行は軽井沢でした。妻が「まだ一度も行ったことがないから、ぜひ、軽井沢へ行って、高原の別荘地でゆっくり過ごしたい」と切望したのです。 私は軽井沢は二度目。学生時代サークルの「合宿」と称した遊び旅行以来のことになります。それで、ふと頭に浮かんだのが「堀辰雄」。「若いころから結核に苦しみ、高原のサナトリウムで療養したり、軽井沢を舞台に小説を書いた、リリカルな作家」という高校時代の知識から、「軽井沢といえば堀辰雄」という連想をしたのです。

 

なにしろ新婚旅行。テンションは最高潮ですから、堀作品を改めて読んでみました。そしてわかったのは「堀辰雄は意外と軽井沢を描いていない」ということ。純粋に軽井沢を舞台にしているのは、「美しい村」ぐらいなのです。 それで「美しい村」を再読し、その音楽的なしゃれた構成、どこまでも美しい描写、そして意外な「前向きな明るさ」に感銘を受けました。「大好きな小説」になった瞬間です。

その小説を読んで良かったと思う感想

「音楽的」という表現をしましたが、この作品の最大の特徴はその構成でしょう。これは、作者がバッハの「ト短調の小遁走曲(フーガ)」に着想を受け、「主題とその応答、転調」によって作品が展開していくという音楽の手法を、小説に取り入れることを図った作品なのです。 ですから、大きな事件などは小説内で起こりません。主人公の日常が「フーガ的」に描かれて、そこに主人公の心の変化が対応、最後に転調がある、という構成になっています。 簡単に内容を紹介しておきます。作品は四つの章に分かれています。最初が「序曲」。ここは、「K村(軽井沢)」に滞在中の主人公が知人にあてた手紙という体裁になっています。 第二章の「美しい村 或は小遁走曲」からが、小説の本題になり、第三章「夏」、最終章「暗い道」と続きます。

 

K村の別荘地を訪れている主人公の「私」。6月初旬でまだ「シーズン」ではないので、別荘地に人影はありません。毎日あちこちを散歩しながら、内省をくりかえす毎日です。「私」は小説家で、健康は取り戻しながらも、精神的に傷ついている状態。その中で、新しい小説の構想を練っています。 ある日の散歩中、チェコスロバキア公使の別荘からピアノが聞こえてきました。それは、バッハの「小遁走曲」。それを聞いたとき、「私」は「魔にでも憑かれたような薄気味悪い笑いを浮かべだしていた」といいます。つまり、このクラシック曲に着想を得て「フーガ的小説を書こう」と考えるのです。 村人や、過去に会った人を登場人物にできないか、と考える。以前、別荘に住んでいた西洋人のふたごの老姉妹を思い出す。

 

一人は頭の中の小説世界に登場しているけれど、もう一人はその中に入ってこない。・・・そんなふうにして、「私」は構想を練りながら、散歩をくりかえします。このあたり、「作家の頭の中」が除き見えるようで、興味深いところです。 第三章「夏」で、曲は転調します。そこに一人の少女が現れるのです。称して「向日葵の少女」。「私」のいつもの散歩道で、少女が一人油絵を描いているというのが、最初の出会い。とはいっても、急に恋愛劇のような展開があるわけではありません。 「私」は少女に好意を持ちますが、それも「おとなしい好意」ですし、少女からのアプローチなどはありません。「つかずはなれず」という、微妙な関係で、「私」も少なくても表面上はプラトニックな行動にとどまります。

 

そして、最終章。ここで、再び転調します。「曲調」が暗くなる。つまり、それ以前はずっと、昼の明るい光り中で描かれていたのが、急に、夜のシーンになるのです。 が、曲調は変っても、「私」と少女の関係にドラマティックな展開はなく、そのまま小説は静かに幕を下ろします。 個々の描写が美しく、明るい、というのがこの作品の最大の魅力。そして「音楽的構成」という新しい発想も、ほぼ成功したといえるでしょう。読後感のなんとも静かな、そして美しい小説です。 なお、「向日葵の少女」は、のちの作品「風立ちぬ」のヒロインとして、再登場します。

その小説がオススメだと思う方は誰?

青春文学ですから、高校生、大学生におすすめなのはいうまでもありません。しかし、私のように、結婚するぐらいの年齢になってから読むと、さらにしみじみ、文章を味わえるように思います。 たとえば、リタイア後に田舎暮らしを始めた老夫婦や、それを考えている熟年世代が読めば、みずみずしい青春と「牧歌的小説世界」を、より楽しめるのではないでしょうか。

これからその小説を読もうと思っている方へのアドバイス

まずは、その自然の描写をゆっくり味わってください。そして、その風景をリアルに想像してみてください。光りと影、渡る風。静かな別荘地。そして、軽井沢。それを実感できたら、完全に小説世界の「住人」になることができます。

カンタンな自己紹介・プロフィール

埼玉県在住、男性、56歳、自営業。2人家族(私と妻)。