読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

死ぬ前に一度コンビニたそがれ堂へ行ってみませんか?

スポンサーリンク

あなたが良いと思った小説と著者名を教えてください

コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状 村岡早紀

なぜ、その小説を読むことになったのでしょうか?

特にきっかけはなく、なんとなく気になって手に取っていた

その小説を読んで良かったと思う感想

まぁ、一言でいうなら素晴らしい!!としか言いようがない本です。私がずっとずっと読みたいと思っていた小説でした。 コンビニたそがれ堂シリーズ第二弾です。 あまり知られていない作家さんなのですが、もっと評価されてもいいんじゃないかと思っています。子供におとぎ話を聞かせてくれるお母さんの語り口で物語が語られています。書く文体がとても優しいので心にすんなり入ってくるんです。ほんわりと優しい気持ちに包まれて、時々読んでいるうちに泣きそうになってきます。いい作家さんだと思います。

 

コンビニたそがれ堂シリーズはすべてコンプリートしましたが、中でも私はこの作品が一番好きです。 奇跡の招待状のテーマはずばり「命、故人」ではないでしょうか。中でも私は「人魚姫」を押します。人魚姫の主人公・真衣は引きこもりの少女です。彼女は自分に自信がなく、部屋から一歩も出ない女の子。職探しに行かなきゃいけない、勉強しなきゃいけないと分かっているんだけれど外に出ようとしたら足が震えて気持ちが悪くなってしまう。彼女の居場所はパソコンの中にあるオンラインゲーム、その中でしか生きがいを感じられない寂しい子です。唯一自分と心を通わせていた友達が事故で死んでしまったことで自分を責め続けているのです。第三者からみると真衣はとても優しい女の子で、自分がいじめにあっても黙って耐える周りに気を遣いすぎるぐらいの子です。事故だって真衣とは全く関係ないところで起こっているんですが、優しい彼女は自分を責め続けています。でも、このままじゃいけないと思った真衣は「とりあえず外に出よう」と決心します。そこから運命の歯車は回り始め、パソコンのオンラインゲームとは違う、真衣の小さな冒険が始まるのです。そして彼女はコンビニたそがれ堂にたどり着き、奇跡の招待状を手に入れます。

 

さて、彼女は亡くなった親友に会うことはできるのでしょうか。 ここまで書いたけど、自分の文章力でこの本の魅力をきちんと伝えられているか、不安です。本当にいい本だから、たくさんの人に読んでもらいたいのは事実です。普段、文庫本は図書館で借りるだけで十分満足してしまう私が購入してしまうほど威力を持っています。ラストは当然のことですが泣けます。 自分を作ってくれた小さな女の子に会うために旅をする健気な雪うさぎの話や、死んでしまった彼が思いを伝える魔法の振り子の話。人魚姫ほどではありませんでしたが、どの話もじーんと胸を温かく包んでくれます。あと、このコンビニたそがれ堂はシリーズ化されているので他のシリーズも是非読んでください。落ち込んでいるときに読むと本当に元気が湧いてくるんですよ。 無理に励まそうとしてないところもいいんです。自分自身を肯定してくれる優しさにあふれた本です。

その小説がオススメだと思う方は誰?

死にたいと思っている人、自分に存在価値なんてないと思っている人、引きこもりの人。とりあえず死にたいと思っているなら、「まずこれ読んでからにしない?」と私だったら声をかけます。あと、引きこもりの子供を抱えて悩んでいる保護者の方にも読んでもらいたいです。引きこもりって学校に行っていないから、楽してるとかもう学校から逃げれたんなら苦しんでないでしょ?と思われがちですが全くもって違います。引きこもりの子はコンビニたそがれ堂の「人魚姫」の主人公・真衣のように苦しんでいる子がほとんどだと思います。

 

少なくとも私はそうでした。毎日真衣のように罪悪感に苛まれ、やらなくてはいけないという自己への叱責でつぶれそうでした。なので真衣の気持ちが痛いほど分かるのです。この小説に出会ったのは、社会人になってからでしたが、やっとあのころの自分を誰かに理解してもらえたと思いました。読み終わった後、温かい気持ちになり、何とか前向きに生きていこうと思ったのを覚えています。なので前文に述べた人たちにぜひ読んでもらいたい。

これからその小説を読もうと思っている方へのアドバイス

引きこもりの気持ちを初めて、丁寧にちゃんと書いてくれた作品です。癒されます。何とか、生きてみようって絶対思えるし、この本を読み終わったとき、一歩ずつでも前に進もうと思えるはずです。でも無理しないでいいんです。進めなくったっていいんです。引きこもりだろうが何だろうが、あなたがそこにいるだけでいいんです。生きてさえいてくれればいいんです。この文庫本は死にたいと思っている人をまた生きたいと思いなおさせてくれるような力を持っていると私は信じています。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

27歳 独身女性 兵庫県出身