読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

「きらきらひかる」は究極の恋愛小説です。

スポンサーリンク

あなたが良いと思った小説と著者名を教えてください

タイトルは、きらきらひかるです。作者さんの名前は江國香織さんです。

なぜ、その小説を読むことになったのでしょうか?

きらきらひかるを読んだのは6年ほど前のことでした。 当時の私はまだ小説を読むようになったばかりで、小説を読むようになったきっかけというのが、本好きの友人が出来たことだったんです。 はじめのうちはその友人の薦めてくれる本を読んでいるだけで満足していたのですが、自分でもおもしろい本を探してみよう、そして逆に彼女にそれを薦めてあげよう、なんていう風に考えて本屋さんを巡っていたところ、目に止まったのが江國さんの書いた「雨はコーラがのめない」というタイトルのエッセイでした。

 

そのときはまだ江國さんのことは全く知らずに、単純にタイトルに惹かれたという理由で買った本でした。 内容は、音楽を聴きながら愛犬とともに過ごしているという日々を綴ったものなのですが、一つ一つの文章が美しくて、それがとても面白かった。 この作者さんは素敵だな、他の本も読んでみよう、と思ってその次に買ったのがきらきらひかるでした。 何冊もある江國さんの作品の中からそれを選んだのもまた、タイトルが綺麗だったからという理由です。

その小説を読んで良かったと思う感想

このきらきらひかるという小説は、少し変わった夫婦の物語です。 旦那がゲイで恋人がいるというかなり強烈な内容のお話で、それだけ聞くとなんだかとてもドロドロとした物語を想像してしまうと思います。 だけど実際に読んでみると、ドロドロしてる部分なんてちっともありません。 間違いなく、今までに私が読んだ恋愛ものの小説の中で一番純粋で綺麗な物語です。 旦那がゲイということでこの夫婦の間にはまったく、ただの一度も肉体関係がありません。 だからといって仮面夫婦というわけでもありません、二人の間には彼らなりの愛情があるのです。 セックスレス夫婦という言葉自体は良く聞きますし、世の中にたくさんいるのでしょうけれど、ただの一度も無い、という夫婦は現実にはほとんどいないのではないでしょうか。

 

肉体関係というのは夫婦の間の人間関係においてとても大事な要素ですし、それによってのみ育まれる愛情というのもあるでしょう。 それがないというのは夫婦としてとても不健全な状態なのかもしれません。 だけど、私にはそういう関係にあこがれてしまう部分があるんですよね。 例えば、自分が好きなのは相手の人格なのか、体なのか、どっちなのかということで悩んだりしたことはありませんか? 非現実的な理想、妄想というレベルでの話であれば、相手の体を愛さずに心だけを愛したいという想いを持っている人は結構いるはずです。 童話に、眠れる森の美女という話があります。 魔女の呪いで100年の眠りについた王女が王子のキスで目覚めるという有名なお話です。

 

この物語に憧れてしまうという女性は多いでしょう。 だけど実際にこの王女になりたいと思う人はいないでしょう。 たとえ王子様が迎えに来るとしても、100年もイバラの中で眠り続けることは出来ないでしょう。 ものすごくロマンチックで憧れる、だけど自分でやるのは無理です、遠慮しておきます。 そんな感じでしょうか。 きらきらひかるもそういう類のお話です。 彼らのような純粋な関係には憧れてしまいますが、彼らのように生きることはまず無理でしょう。 性欲だってありますし、子供だって欲しいですし。 だからこそ、小説の中にこのような物語を求めるのでしょうね。 私は半年に一度ほど今でもきらきらひかるを読み返しているのですが、読み返すたびに、フィクションのなかといえども、彼らのような人物がこの世に存在していることに安心して、なんだか涙が出そうになってしまうのです。

その小説がオススメだと思う方は誰?

女性に人気の作家さんなので、やはり女性の方におすすめでしょうか。 特に20代の方だと主人公に感情移入できて楽しめるかもしれないと思います。 あとは少し変わった恋愛ものが読みたいという方にもおすすめですね。 この小説は恋愛ものとしては変化球のような要素のある物語だと思いますが、ベストセラーという実績がありますので、どなたがよんでも楽しめるとも思います。

これからその小説を読もうと思っている方へのアドバイス

口に出して言うのは少し恥ずかしいですが、私たちの人生にはいたるところに愛というものが転がっていますね。 この小説はその愛について考えるきっかけを与えてくれます。 いつもいつもそういうことを考えていると生きていくのが大変かもしれません。 だけどたまにならそういう機会があってもよいのではないでしょうか。 この小説を読んで、人を愛するというのはどういうことなのかを今一度考えてみてください。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

性別は男で年齢は29歳です。職業はアルバイトをいくつかやっています。現住所は福岡県です。趣味は読書です。