読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

村上春樹さんの「ダンスダンスダンス」について

小説
スポンサーリンク

あなたが良いと思った小説と著者名を教えてください

私が心の底から良いと思った小説は村上春樹さんの「ダンスダンスダンス」です。

なぜ、その小説を読むことになったのでしょうか?

友人に村上春樹さんの小説が面白いからと勧められたので、1冊読んでみたらとても面白くてはまってしまいダンスダンスダンスも読むことになったのです。

その小説を読んで良かったと思う感想

この「ダンスダンスダンス」と小説は「風の歌を聞け」、「羊をめぐる冒険」から続く青春三部作と言われている作品であり、登場人物や内容などがつながっておりそして話が広がっていきます。 1冊1冊で完結しているので個々に読んでも十分に楽しむことができるのですが、3部作としてつなげて読むとまた違った面白さを感じることができる小説なのです。 そのため1冊での面白さと続けて読む面白さと2つの面白さを楽しむことができるのです。

 

前作の羊をめぐる冒険でいなくなったキキという女性と羊男、そしているかホテルがキーワードをなって話が進んでいきます。 村上春樹さん独特の世界観があり、幻想的で不思議な世界が広がっていく小説です。 私がこの小説を読んで良かったと思う点は、この独特な世界観に出会う事が出来たという事です。 自分では考えることが出来ない世界を作り出して、新しい世界を想像させてくれるこの小説は本当に面白くてここ十数年毎年読みかしています。

 

これほど何度読んでも面白いを感じる作品と出会えることはなかなかないと思うので本当に呼んで良かったと思っています。 ダンスダンスダンスは前作羊をめぐる冒険にて全てを失ってしまった主人公の男性がすべてを取り戻そうとする作品です。 前作にも登場している謎の羊男をいうキャラクターが再度登場して、主人公の世界を繋いでいる役割をはたしています。 この作品には死の影がいつもちらついています。 羊をめぐる冒険でいなくなってしまったキキという女性は、ダンスダンスダンスの中では娼婦ととして登場しておりそしてすでに死んでいるという設定になっています。 そのキキが主人公を呼びそして過去に一緒に行ったいるかホテルに導いていくのです。

 

このようにこの小説の中では数人が死んでいくことになり、キキに導かれていった部屋には6体の骨がおいてあります。 初めて読んだ時はもしかして主人公の骨もここの中にあり、最終的には自分自身も失われてしまうのではないかとどきどきしながら読んだものです。 このような話の持っていきかたや、何かを暗させるように手法がとても面白くて引き込まれてしまうのです。

 

そしてダンスダンスダンスの魅力の一つには個性豊かなキャラクターが主人公を取り巻いていることです。 娼婦のキキとメイ、昔から何でもできてしまう俳優の五反田君、才能あるカメラマンのアメと不思議な能力がある娘ユキ、いるかホテルの受付にいるユミヨシさん、そして羊男です。 これらの登場人物が巧みに登場してストーリーを盛り上げて、ところどころでキーワードともなっているのです。 どの登場人物とも出会うべくして出会っており、そして失われていきます。 主人公はイルカホテルのユミヨシさんに惹かれていき一緒にいたいと願っていますが、失われてしまうのではないかと不安に思ています。

 

そのあたりもとてもハラハラしてしまい最後までぐっと読ませてくれる小説なのです。 村上春樹さんの小説にしてはハッピーエンドで終わる小説であり、これまでの三部作の完結となっているので主人公が失われることなく世界とつながることが出来るのです。 羊男が踊るんだ、なぜ踊るのかなんて考えちゃいけないと言っているのですがとても印象に残っています。 これが題名のダンスダンスダンスにつながっているのでしょう。

その小説がオススメだと思う方は誰?

このダンスダンスダンスという小説がおすすめだと思う人ですが、不思議な幻想的な世界が好きな人だと思います。 独特な世界観があるので好き嫌いが分かれてしまう作品ではありますが、はまる人はどっぷりとはまってしまうと思います。 また童話の世界が好きな人にもおすすめです。

 

あまり難しく考えてしまって、これはどういうことなのか理解できないと考えてしまう方は向いていない小説だと思います。 書いてある内容をそのまま受け止めてそういう世界もあるのだなと素直に感じられる人に読んで欲しいと思います。

これからその小説を読もうと思っている方へのアドバイス

これからダンスダンスダンスを読もうと思っている方へのアドバイスですが、この1冊を読んでは話がわかって面白いのですが、最初に説明した通り「風の歌を聞け」・「羊をめぐる冒険」の続編と言われている作品なので先にこの2冊を読んでからの方がもっと作品を楽しむことができます。 3冊読むのが辛いという場合には、「羊をめぐる冒険」だけでも読んでからダンスダンスダンスを読んで欲しいと思います。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

東京都に住む30代の主婦です。 夫と2人で生活しています。