読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

色褪せない歌!ザ・イエローモンキーの「楽園」

スポンサーリンク

なぜ、その歌が良いと思ったのでしょうか?

それまで日本にはあまりなかったロックのかっこ良さ、洋楽を感じさせる演奏とアレンジ、キャッチーになり過ぎず耳に残るメロディーや歌詞、すべてのバランスが素晴らしく、何度聴いてもその都度かっこよくて体の奥からアドレナリンが出るような気がします。

その歌がオススメだと思う方は誰?

ロック好きな、特に洋楽が好きな人に是非聴いてほしい日本のロックです。

これからその歌を聴こうと思っている方へのメッセージ

日本のロックはロックとは言えないと思っている方、洋楽ばかり聴いている方に特に是非聴いてほしいと思います。 できればプロモーションビデオでその世界観を体験すればこの曲の良さが分かるはずです。 この曲に出会った頃、まったく日本の音楽に興味が持てず洋楽しか聴きませんでしたが、あるバラエティ番組の音楽ランキングコーナーで偶然この「楽園」のPVが流れ音楽を耳にして衝撃を受けました。

 

今まで日本の音楽を馬鹿にしていた私でしたが、日本にもこんなロックを演るバンドがいるんだ!?と釘付けになったことを思い出します。 PVの中では英国の建物の中で少し病的な表情を見せるボーカルの吉井和哉の存在感は紛れもなく独特の日本のロックスターでした。 バンドの重量感あるプレイはもちろんのこと、高揚感のある出だしから歌詞の世界を音で表現できている、歌詞とメロディーとの一体感も素晴らしいものです。 彼らの作る歌詞は日本の他のバンドやミュージシャンのものとはだいぶ違い、独特の言葉遣いや歌詞ではあまり使わないような言い回し、またかっこよさを重視しがちな日本のバンドではあり得ない表現などが使われていますが、それがザ・イエローモンキーの独特の世界を作り上げており、またそれがかっこよく出来上がっているというところが彼らの素晴らしさでもあります。

 

「楽園」に魅了され収録されたアルバムをレンタルして聴いたのですが、それでまた衝撃を受けました。 私がそれまで考えていた、知っていた日本のロックとはまるで違う大きさを持ったものでした。 今でもアルバム「SICKS」は日本のロック名盤の一枚として必ず挙げられるものですが、それを一度聴けば名盤と言われる所以を感じるでしょう。 「楽園」を含め「SICKS」というアルバムに漂う独特の空気感は唯一無二の作品として語られるにふさわしいものです。

 

「楽園」の歌詞も他のミュージシャンの作るものとは異質と感じる人も多いと思います。 恋愛の歌詞が多い音楽の中で、ザ・イエローモンキーの楽曲の歌詞はどれもどこか抽象的だったり性的だったりするので取っ付きにくさを感じるかもしれません。 でも私は何度「楽園」に救われたかわかりません。 気持ちが弱っているとき、辛く苦しいときに寄り添ってくれるのが「楽園」でした。

 

それは、がんばれ!というような背中を押す言葉ではありません。ただそっと隣に寄り添い、そして一緒に明るい方を見てくれる、そう仕向けてくれる歌詞です。 「赤い夕日を浴びて黒い海を渡ろうそして遥かなあの自由な聖地へ」と聴く人をその世界に誘ってくれます。 明日を見よう、もっとがんばれるよというような言わば上から目線ではなく、一緒にいてくれる音楽なのです。 「楽園に行こう楽園に行こう大きな船で」と、この今の辛く苦しい状況を辛抱し乗り越えて楽園を目指そうという気持ちにさせてくれる、ネガティブで下向きな顔を少し前の方向へ向けてくれる力があります。

 

誰にでも必ずある苦しい日々、その状況から逃げ出すのではなく一歩一歩と歩を進めているうちに今より良い場所にたどり着くという希望を与えてくれるのです。 「楽園」をどんな気持ちで作ったのかは分かりませんが、たくさんの勇気と希望と力を与えてくれることは間違いありません。 そしてラストの言葉へと続きます。「make you free 永久に蒼く」 人は傷ついて傷つけられて強くなってゆくものと分かっていてもその時の辛い心を癒すには時間が必要です。 だけど鈍感な人間にはなりたくない、永遠に蒼くとはそんな思いも入っているのかもしれないと思うのです。

 

まだ若い人でも年配の方でも、この歌詞に込められた思いを感じることで心を強く、また他のロックにはない日本のロックという音に触れて欲しいと思います。 「楽園」はザ・イエローモンキーの音楽を聴く人にとっては入り口かもしれません。 洋楽のような、でも外国にはない音楽、そしてとても日本的な昭和歌謡も感じられるロック、だけど日本でさえ他にはないという唯一無二なバンド、ザ・イエローモンキー。 そのバンドの金字塔とも言える名盤「SICKS」に収録されている「楽園」をまず入門として是非一度聴いてみてください。

 

私もそのひとりですが、ここから彼らの音楽のアリ地獄へハマる人がとても多いのです。 既に解散してしまっているバンドですが、日本のロックを語る上で必ず知っておきたいバンドの「楽園」を、まだ知らない人も一度聴いて日本ロックの力強さを感じていただけたらと思います。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

長野県 42歳 女性 自営業