読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

小渕健太郎の「おふくろさん」~コブクロ「蕾」の真実

スポンサーリンク

なぜ、その歌が良いと思ったのでしょうか?

コブクロの「蕾」を、テレビの歌番組で初めて聞いて、「いい!」と思いました。私は彼らのほとんど親世代。もちろんコブクロのことは知っていましたし、「ヒューマンな、やさしいデュオ」として、気にはなっていました。けれど、それまで特に強く意識したことはありませんでした。 その番組で彼らの歌う「蕾」を聞いて、コブクロに初めて強く心打たれたのです。

 

すぐに、CDを購入。しかし、私は決定的な勘違いをしていました。若いアーティストの歌う曲はほとんどすべて「ラブソング」だというのが、私の悲しい先入観。ですから、この曲も「恋人が亡くなって、その思い出を綴る男性のラブソング」だと決め付けて「いいなあ」と思いながら聞いていたのです。 今にして思えば、ほんとうにうかつでした。この曲は、テレビドラマ「東京タワー~オカンとボクと、時々オトン~」の主題歌であることも知らなかったのです。

 

私が、「ラブソングではなく、亡きお母さんへの思いを歌った曲」と認識したのは、その年の「日本レコード大賞」でした。 この曲はレコード大賞を受賞したのですが、そのとき、曲を作った小渕健太郎が、18歳の時に亡くしたお母さんのことを話し、「(母と)一緒に歌っていた気持ちがすごく強かった」とコメントしたのです。それでようやく私は「なるほと、そういう曲だったのか」と納得しました。 そういわれてみれば、最初から確かに、「違和感」は感じていました。たとえば冒頭の歌詞、「涙こぼしても 汗にまみれた笑顔の中じゃ 誰も気付いてはくれない だから あなたの涙を僕は知らない」。

 

これは、「亡くなった恋人のこと」という想定では、明らかにおかしい。男が恋人の「汗にまみれた笑顔」を思い出す、というのは、かなり特殊な状況でしょう。 「柔らかな日だまりが包む背中に ポツリ 話しかけながら」というのも、恋人にしては変です。それに、うかつな私は気づかずに、「いい曲だなあ」と思っていたのです。 それが、レコード大賞受賞を機に、「東京タワー~オカンとボクと、時々オトン~」の主題歌であることを知り、小渕氏のコメントを聞き、「亡き母への追悼曲」であることをようやく認識したのでした。

 

紅白歌合戦での彼らの熱唱を、まったく新しい気持ちで聞きました。そして、涙が出ました。私も、その10年前に母を亡くしましたし、小渕氏がお母さんを亡くされたのと同じ年代で、父を亡くしているのです。 「聴こえないがんばれ」というフレーズには、ほんとうに泣かされました。そして、そのほかの歌詞も、ほんとうにしみじみ、そして強く心を打ったのです。 「信じた夢は咲く場所を選ばない」「僕等 この街に落とされた影法師」など、魅力的なフレーズが目白押しです。中でも私が好きなのは「風のない線路道 五月の美空は青く寂しく」というフレーズ。 「線路道」は苦しい表現で、そんな言葉はないでしょう。「線路沿いの道」を、字数のつごうでやむなく「線路道」としたのでしょうが、それもほとんど気になりません。そして、なにより、あの晴れ晴れとした「五月の美空」を「寂しく」と感じたところに、小渕氏の心の真実があると思うのです。 この曲が「母へのオマージュ」であることを知って、私は自分の経験とも重ねながら、いよいよ「大好きな曲」になりました。そしてその2年後。これもテレビの歌番組で、あるとんでもない大物歌手が、この曲をカバーしたアルバムを発売したことを知ったのです。 それは、演歌の大御所、森進一。彼が出した新しいアルバムに、尾崎豊の「I LOVE YOU」や福山雅治の「桜坂」などとともに、コブクロの「蕾」も収録されているというのです。 私は迷うことなく、森進一のそのカバーアルバムも購入。「蕾」を聞きました。そして、泣きそうになりました。正直、「どうなの?」と思いながら購入したのですが、これがいいんです。そして、私は気がつきました。「なるほど。『蕾』は、小渕健太郎が書いた、いわば彼の『おふくろさん』。それを森が歌えばすてきな歌唱になるのは、むしろ当然なのだ」ということに。 そうです。「蕾」は、十代の多感な時期にお母さんを亡くした小渕健太郎の「おふくろさん」なのです。 今でも私は、カラオケで「蕾」をよく歌います。母のことを思い出しながら。

その歌がオススメだと思う方は誰?

「お母さんのことが好きなすべての人」におすすめします。「森進一の『おふくろさん』はちょっとな」と感じる若い世代の「お母さん好き」なすべての人に。そして、「森進一の『おふくろさん』が好き」という、中高年の人、特に男性に、コブクロ版の「おふくろさん」をぜひ聴いてほしいと思います。

これからその歌を聴こうと思っている方へのメッセージ

とにかく歌詞がすばらしい。私のように「勘違い」しながら聞いてもすばらしかったのですが、ちゃんとその「真意」ををわかって聞けば、その内容の充実ぶりを堪能できるにちがいありません。 深いし、美しい。「五月の美空」なんていう歌詞、今のアーティストが思い浮かぶものとはとても思えません。そうした小さな描写に注目しながら、ぜひ聴いてほしいと思います。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

56歳、男性。埼玉県。夫婦で自営の小売業を営んでいます。夫婦2人家族です。