読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

強い印象が残った、小学生が歌う恋の歌。「あなたなしでは生きてゆけない」berryz工房

スポンサーリンク

あなたが良いと思える歌を教えてください

あなたなしでは生きてゆけないberryz工房  この曲はアイドルグループBerryz工房の曲です。この曲をリリースした頃は全員小学生だったそうで、小学生が大人っぽい恋の歌を歌うという、とても印象的なデビューシングルとなりました。

なぜ、その歌が良いと思ったのでしょうか?

 Berryz工房はテレビにもよく出ていたのでどんなものかと思って見ていましたが、見た目の印象は「健康で優良な子供」という感じでした。受け答えもまさに子供そのもので、好みが分かれそうだなと感じました。  

 

しかし、このデビュー曲を聴いて驚きました。小学生グループはふつうもっと元気いっぱいの等身大の曲を歌うのではないかと思っていたのですが、R&Bアプローチの切ない曲調で、曲だけ聞いたら小学生の子が歌うイメージがあまりない曲だったからです。  最初はミスマッチではないかなと思ったのですが、よく聞いてみると、その大人っぽい世界を歌うことでより彼女たちの若さが引き立ち、大人の世界に憧れている少女の目線からこの曲が生きてきたのです。新鮮な感動でした。  

 

歌詞も大人っぽく、「半信半疑」、「終幕」など、大人の曲でもなかなか出てこないような難しい単語が使われています。初恋の内容を歌っていますが、この少女たちがこんな強い恋の歌に共感できるのか疑問に思ってしまいました。この若さで「一生あなたのこと愛したい」という言葉を歌っているのは、強いインパクトがあって忘れられないです。きっと小学生のBerryz工房が歌うから印象に残るのでしょうね。

 

大人の女性が歌っても当たり前というかありふれた歌詞になってしまうのですが、歌う人が違うとこうも鮮烈になるのかと感心しました。  メンバーはさすがに若いだけあり、全員声が透明で若々しいです。発音などに幼さを感じることもあるのですが、それはそれで味となっている気がします。踊りながら歌う歌ですが、ダンスもまだ幼さが残っていてなんというか見守る視点で見てしいました。現在デビューから10年ほどが経ったようですが、10年経ってこの曲を歌っても違和感がないというか、等身大な感じでまた楽しむことが出来ました。このことを見越してこの曲をデビュー曲にしたのだとしたら、本当に凄いと思います。  

 

この曲のあとはアイドルらしいポップな曲もリリースされているようですが、それだけにこのデビュー曲が異質に感じてしまい、この曲がより愛しくなります。陰を感じさせるデビュー曲があるので、そこから見せてくれるアイドルらしい陽の部分がより引き立つのではないでしょうか。  私はこの曲を聴いてBerryz工房というアイドルグループのファンになり、以来CDを購入するなどして応援してきました。見た目も非常に可愛らしい皆さんですが、全員歌が上手くて驚きます。

 

デビュー曲でも、小学生とは思えない歌唱力を持つ2、3名のメンバーが、パワフルに楽曲を引っ張っていく様は感動的でした。声が低めの子が何人かいるので、こういう大人っぽい曲に浮かないのもいいですね。アイドルの楽曲の場合、プロデューサーや作詞作曲者の才能も大きいと思うのですが、Berryz工房は若いながらも曲をしっかり理解して「歌で表現する」ということに長けています。

 

そのため、彼女たち自身もしっかり評価されるべきではないかなと思いました。現在はこのデビュー曲のような曲調の歌を歌うことは少なくなりましたが、本来はこういうシックな曲が似合うグループだと思っています。ダンスもうまいので、そろそろこういうR&Bっぽいかっこいい曲をリリースしてほしいなと待ちわびています。

その歌がオススメだと思う方は誰?

 アイドルソングだからといってアイドルの曲を敬遠している方に、是非聞いてほしいと思いました。歌っているのは確かにアイドルですが、楽曲だけ聞けば、アイドルを感じさせない曲だと思います(多少アレンジが派手とかはありますが……)。特に最近多いコールを入れやすいアイドル曲とはまったく違うので、偏見を捨てて聞いてほしいと思います。

 

また、歌詞は少女のみずみずしい恋愛(初恋)を歌った歌なので、小中学生の子には歌詞の感じがピッタリなのではないかなと思いました。大人っぽい曲調も、小中学生が憧れる感じだと思います。  対象とされている年令より上になっても、その年代を思い返してぐっときますので、ときめきが欲しい方にもおすすめです。

これからその歌を聴こうと思っている方へのメッセージ

 アイドルのデビュー曲ということに構える必要はありません。おそらくこの曲を歌っていた当時のメンバーより年上の方がほとんどだと思いますが、どんな年代の方が聴いても何かしら共感できるところがあるのではないでしょうか。  恋をしている人はもちろん、これからしたいという方はこの曲で大いに背中を押されて欲しいです。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

 高校生の頃までずっとJ-POPのヒットソングを聴いていましたが、大学からさまざまな音楽を聴くようになりました。ロキノン系が好きでしたが、今はアイドルソングをよく聞いています。