読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

Suaraさんの「キミガタメ」こんなに鳥肌が出た曲は初めて!

スポンサーリンク

なぜ、その歌が良いと思ったのでしょうか?

メロディーから歌詞から何から、無条件に心に染みてくるからです。 聴いたきっかけはもはや覚えていませんが、こんなに鳥肌が出た曲は初めてでした。 イントロの時点ですでに感動ものです。 イントロでこんなに感動させられるなんて思っていませんでした。 私は眠くなってしまうことからバラードをあまり聞かないのですが、この曲は眠気が全く来ないのです。 むしろ、頭が覚醒するというか、ちょっと油断していると泣いてしまいそうにもなります。 こんなに心が揺さぶられた曲は初めてだし、これからも違う曲でこんな感覚が味わえるかは自信がありません。

その歌がオススメだと思う方は誰?

私みたいに、バラードはちょっと・・という方に聞いてもらいたいです。 私は未だにバラードはそんなに聴きませんが、この曲は本当に大好きです。 頭の中で色んな想像をしながら聴くのですが、必ず壮大になってしまいます。 それくらい壮大な曲なのです。 バラードはなんとなく眠くなりそう、と思われる方がいらっしゃると思います。 私もそう思っています。 ですが、この曲は例外だと自信を持って言えます。 Suaraさんの透き通る歌声が、歌詞に書いてあるように、「心に沁みゆく」のです。 疲れた方にもお勧めかもしれません。

これからその歌を聴こうと思っている方へのメッセージ

ちょっと長い曲ですが、しり込みせずにまずは聞いてほしいです。 そして、聴くときは、ながら聴きではなく、集中して聴いてほしいです。 初めて聴くときは、特にそうです。 ながら聴きではもったいないし、この曲の本当の良さが伝わってこないと思うのです。 あくまで私の見解ではありますが。 でも、初めて聴くときにながら聴きは本当にもったいないし、第一印象というものが全く違ってくると思います。

 

私はこの曲を聴いたきっかけは覚えていませんが、じっくり聴いたことだけは覚えています。 だからこそ鳥肌が立ったと思いますし、今でも大好きな曲なのだと思います。 私はそれまで音楽で感動したことが一切なかったのですが、この曲にやられました。 音楽で感動したことが無いという人にも聴いてほしいです。 私はかたくなに音楽を拒んでいたわけではありません。 ですが、たまたま、心を揺さぶられる曲に出会えなかったんだなと思っています。 好きな曲、好きになれない曲、感動させられる曲、人それぞれ好みは全く違います。

 

みんながいいと言っている曲が自分は好きになれない、そんなことが私もよくありました。 疎外感とまではいかないけれど、自分おかしいのかなと思ったこともありました。 「キミガタメ」を私の周りに知っている人がいるのかも分かりません。 その曲を誰かに勧めたとしても、好きになってもらえるかは分かりません。 でも、絶対いにいい曲であることに間違いはありません。 あとは、好みの問題です。 でも、あまり好き嫌いするのもよくないなと思いました。 色んな曲を聴く事は本当に大事だと思います。 色んな曲を聴いて、たくさんの曲を好きになっていく、凄くいいことです。

 

このジャンルしか聴かないというのは、その道を極めているようで、自分を狭めることにもなってしまうのです。 誰にも負けないくらい究めるというのなら話は別ですが、なかなかそうもいきません。 そういう人が中途半端だと、ただの笑いものです。 話はちょっと逸れましたが、この曲実はアニメソングです。 私はこのアニメを見ていたわけではありません。 単純に、歌に惚れこんでしまったのです。 もしかしたら、アニソンだからと毛嫌いする人もいるかもしれません。 そういう理由で聴かないのだったら、本当にもったいないし心が狭いなと思います。 曲そのものを見てほしいし聴いてほしいのです。 曲そのものを感じ取ってほしいのです。 アニメの曲だから、そういうのって一部の人達が聴く曲だからと、聴かないうちから勝手に評価しないでください。 アニソンだって、素敵な曲はたくさんあります。

 

アニソンって言わなければ、アニソンだって分からない曲もたくさんあると思います。 最近は、曲そのものを見ていない人が多い気がして、ちょっと寂しいです。 好きな歌手の人の曲だから無条件に好きというのは、少し違うと思います。 それは、曲を見ているわけではありません。 その歌手というブランドを見ているだけです。 好きな歌手の曲だから聴くというのは分かりますが、 無条件で好きになるというのは、音楽を好きになっているわけではありません。 もっと、曲そのものを感じ取ってほしいと思っているのは私だけでしょうか。 最近は、CDを売るために色んものを付属する時代です。 みんな、曲にお金を出さなくなっているのです。 何だか、凄く悲しくて、音楽業界の未来が心配です。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

女性・23歳・両親と弟・宮城県