読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

ミスターチルドレン『くるみ』が大好きです

スポンサーリンク

あなたが良いと思える歌を教えてください

私が良いなと思っている歌は、ミスターチルドレンのくるみです。 ミスターチルドレンは20代、30代では知らない人はいないと言っても過言ではない、グループです。 ボーカルの桜井さんを中心としたグループで、1990年代から数々のヒットを築いてきています。 デビュー当時は、恋愛をポップに歌ったようなものが多かったですが、徐々に曲にもバリエーションが 出てきて、進化してきました。

 

ミスターチルドレンが好きなのですが、その理由としては、歌詞がとても深いことが挙げられます。 生きている中で抱えてしまう辛さや何とも言えない感情などを、私はどのように言葉にしたら良いかわからない ことがあるのですが、ミスチルはそれを上手く曲にして伝えてくれていると思うからです。 聞いていて「まだ頑張れる」という力が湧いてくるのがミスチルだと思っています。 そしてその中でも、今回お勧めするのは『くるみ』という曲です。

なぜ、その歌が良いと思ったのでしょうか?

くるみはサビの部分が「良かったことだけ思い出して やけに年老いた気持ちになる とはいえ暮らしの中で 今動き出そうとしている 歯車の一つにならなくてはなぁ 希望の数だけ失望は増える それでも明日に胸は震える どんなことが起こるんだろう? 想像してみるんだよ」という歌詞になっています。 何かに後悔しているような、失望しているような中で、それでも前を向いて日常を歩いていこうと するような力強さも出ているなと思います。 最後は「引き返しちゃいけないよね 進もう 君のいない道の上へ」と結ばれています。 誰か大事な人失って、それでも過去には戻れないから進んでいこうという気持ちが込められた歌だなと 思いました。

 

私がそれを聞いたのは、ちょうど父親が亡くなった時でした。 父親は50歳という若さで、突然心不全で亡くなってしまいました。 それまで病気もせずに元気に働いていましたし、私や家族にとって青天の霹靂でした。 悲しかったけれど、それでも日常生活は続いていきますし、私は仕事を持っていたのでそれを一生懸命にする 必要がありました。日々忙しく、悲しさにどっぷりつかる間がなく、でも空虚感を抱えて生きていた時です。 たまたまミスチルのこの歌を聞いたのです。 明るくて前向きな曲だと胸にすとんと落ちなかったと思いますが、誰かを失った中で前を向こうとしている 気持ちが込められていて、歌詞に感情移入をしてしまいました。 それを聞くことで、自分の悲しみが癒されるような気持ちになり、何度も何度も聞きました。

その歌がオススメだと思う方は誰?

くるみがお勧めだと思う人は、誰か大事な人を失った人です。私のように死別の人にもお勧めですし、失恋などで大事な人と 別れてしまった人にも向いていると思います。 大事な誰かを失ったとしても、それでも日常は続いていく、自分はこれから前を見て進んでいく、諦めないという気持ちが込められた歌だと思うからです。 私はこれを聞いて死別した悲しみを癒すことができましたし、その当時の心境にぴったりだなと思いました。 大事な人を失った人は、私と同じように心にしみるのではないかなと思います。

これからその歌を聴こうと思っている方へのメッセージ

私は歌を聞くことが好きなのですが、歌を聞くことによって癒されたり、前向きになれるからです。 自分の気持ちを抑えて生活していることも多く、正直に伝えられていないこと、言葉にできないような気持ちが多々ある中、 ミスチルの曲ではそれを代弁してくれているように感じます。 お勧めしたくるみという曲も歌詞がとても深い曲で、曲のテンポはゆっくりしていて、激しいというよりは静かな曲です。

 

その分歌詞がしみてきて、自分の中にすっと入ってくるような曲だと思います。 桜井さんの歌声は魂を込めて歌っているように感じるのですが、この曲でも桜井さんの気持ちが込められているのを強く 感じます。 誰かを失った悲しみは癒えないとしても、それでも残された者の人生は続いてきます。 死別であっても失恋であっても、ぽっかり空いた心の穴は大きいものですが、少しづつ前を向いて進んでいく必要があるのです。 そんな時に背中を押してくれるような曲だと思います。

 

悲しみの中でもまだまだ先に希望がある、引き返すことができないなら前を向いて進んでいくしかないなと思わせるような曲なので、聞き終わった後には、「ここからまた少しづつ前を向いていこう」という前向きな気持ちになれます。 私はこの曲と出会って良かった、救われたような気持ちになりましたし、これから聞く人にも同じような気持ちになってもらえたらなと思います。 ここまで私のエピソード、気持ちを書きましたが、感じ方はそれぞれな部分もあるので、自分の感性で感じてみてほしいと思います。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

兵庫県在住の33歳、女性です。家族構成は旦那、3歳児の3人家族です。 今は家事と育児に専念していて、専業主婦をしています。