読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

私の青春!ウルフルズの『バンザイ』

スポンサーリンク

あなたが良いと思える歌を教えてください

私の好きな曲はウルフルズの『バンザイ』です。 私はもともとウルフルズの大ファンで、ライブやコンサートなどよく行っていました。そんな彼らがメジャーデビューして初めてガッツだぜで売れた時には自分のことのように喜びました。 でもガッツだぜのような派手な曲は元来のウルフルズのサウンドではなく、何かこう、売れるために作られたような不自然な感じがしました。

 

これはプロデューサーの伊藤銀次さんの影響かな…、少しオーバープロデュースなんじゃないかと今後のウルフルズのサウンドが心配になりました。端から聞くと明らかに面倒くさい心配事だと思うかもしれませんが、等の本人達には大問題です。追っかけの間ではかなりのざわめきがありました。

 

しかし、その後にリリースされたのがこの『バンザイ』です。このバンザイを聴いて私達ファンはいつものウルフルズが帰ってきた!と歓喜したのです。 この何処と無く垢抜けないサウンドにストレートな歌詞、トータス松本のシャウト…全てが私達の大好きなウルフルズのサウンドでした。 それが世間一般にも受けて大ヒットしています。

 

今まで自分が好きだったものが世の中に受け入れられたような感覚で、とても誇らしげな気持ちになりました。 『バンザイ』は私達ファンからみてもとてつもなく良い曲で、個人的には今までのナンバーワン、いい女 を超えた感覚がありました。 そんなわけで、ガッツだぜで遠のいたウルフルズが、ファンのもとへと帰ってきたのがこのバンザイなのです。 それが嬉しくて、今でも私の中では心の中の名曲として位置づけされています。

なぜ、その歌が良いと思ったのでしょうか?

まずこのバンザイの作詞作曲がトータス松本なこと。今までのようなサウンドでも作詞作曲者が違うったらショックです 私は昔からトータスのライブパフォーマンスに惹かれて、ライブやコンサートへ通うようになりました。 勿論ウルフルケイスケさんや、サンコン、ジョンビーも大好きですが、やはりウルフルズといえばトータス松本です。彼無くしてウルフルズは語れません。

 

それくらい彼の才能は計り知れませんでした。 今までどおりトータスの曲でウルフルズが成り立っている。そして各々のメンバーが骨太なウルフルズのサウンドを支えている…その事実だけで感動して泣けるくらいでした。 それと、当時私には付き合っている彼女がいました。彼女との出会いもウルフルズのコンサートで隣の席だったことから交際が始まりました。

 

私にとっての恋のキューピットは紛れも無くウルフルズでした。 そして彼女と付き合って間もない頃、この『バンザイ』がリリースされたのです。 当時の心境としてバンザイはあたかも私の為に作られた曲に感じてしまい、心の底から好きになりました。 むしろその影響が大きかったのかもしれません。 その彼女とは間もなくして別れてしまったのですが、私の甘酸っぱい青春の1ページして今でも昨日のことのように覚えています。

その歌がオススメだと思う方は誰?

バンザイをお勧めしたい方は、今正に恋をしている!という男性の方にお勧めです。 私も経験がありますが、恋愛中にこの曲を聴くとまるで自分のために書かれた曲なのでは…と錯覚してしまうくらい気持ちがリンクしてして、余計にトキメキます。 本当に男心を擽る一曲です。

 

今のように携帯電話も普及しておらずデートの帰りにメールもできなかった当時、幸せな気持ちを持ち帰り、次のデートの時まで大切に温めていたものです。 そんな純粋な男の一途な気持ちが丁寧に書かれている一曲なので、今現在の恋愛中の男子が聴いたら、逆に新鮮かもしれません。

 

また、少し落ち込んでいる時にこの曲を聴くと気持ちが前向きになります。 会社で怒られたりした時、この曲を聴くと、少し気持ちが楽になります。 元気になれる一曲だと私は思います。 幾度となくこの曲に救われましたから。

これからその歌を聴こうと思っている方へのメッセージ

ウルフルズを好きな方、またはウルフルズを知らない方もこのバンザイという名曲を聴いたら、何か自分の気持ちとリンクする筈です。 恋愛中の男性は自分にとっての大切な人が思い浮かぶはずです。 片思いの方は特に共感できると思います。

 

その純粋な想いが実るか実らないかはまた別の話で、その気持ちは永遠に残るので大切にして欲しいと思います。 私の場合、バンザイがリリースされた頃、私はちょうど青春時代で、今でもこの曲を聴くと当時印象的だった情景が鮮明に浮かび上がります。 この曲には不思議な力が込められているように感じます。 是非この曲を聴いて、不器用でも自分らしい恋と素敵な思い出を作って欲しいと思います。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

私は30代独身男性、北海道は札幌市在住。一般民間企業で働くサラリーマンです。 実家ぐらし、家族構成は両親と兄弟3人、私は長男です。 趣味は音楽鑑賞、一人旅などです。音楽は何でも聴く雑食ですが、特に70年台のカントリーロックやブルースロックが好きでよく聴いています。 邦楽でよく聴いているのがはっぴいえんどシュガー・ベイブ高田渡等々です。