読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

立ち止まることができたSMAPの「世界に1つだけの花」

スポンサーリンク

なぜ、その歌が良いと思ったのでしょうか?

いつ頃かは詳しくは覚えていないのですが、この曲を初めて聞いた時は、なんだか心が表れるような感じがして、涙を流した覚えがあります。私は、ずっと1人でがむしゃらに頑張ってしまう方で、立ち止まるということも、なかなかできずにいました。なんでも自分で頑張ってしまう方で、そのため、友人や知人などにもたくさん迷惑をかけてきたのではないかと思います。

 

また自分でも、たくさんのものを犠牲にもしてきたのではないかと思います。 でも、この歌を聴くまでは、そんな自分にも気付けないほど、かなり精神的にもボロボロだったのではないかと思います。

 

そしてそんな状況の中に出会った歌ですので、かなり心打たれ、しばらくこの歌をテレビなどで見かけるたびに、涙を流していました。とても影響を受けた歌でしたので、自分でも歌えるようになりたいと思い、唄おうとしても、やはり、涙が出てきてしまい、歌も唄えない状態でした。 それから何年も経った今でこそ、涙を流さずに見れるようになりましたし、唄えるようにもなりましたが、やはりとても感動してしまいます。

 

槙原敬之さんが作詞・作曲をされていると思うのですが、彼の深みのある曲や歌詞をSMAPが唄うことで、さらに味が出た歌ではないかと思います。 今、やっと落ち着いて聴けるようになったことで感じたことは、SMAPの皆さんが唄うことで、自分自身と重なる部分があるのではないかと思うところです。

 

SMAPの皆さんが、それぞれ強い個性を持たれて、いろいろなことに頑張られていることが、自分と重なり、自分に元気を与えてくれているのではないかと感じております。 この歌に出会うまでは、かなり孤独を感じていたと思いますが、この歌と出会ってから、なんだか頑張っているのは自分だけではないのだと感じることができ、またさらに頑張れる気になれたような気がします。

 

そして、この歌がずっと歌い続けられているのに、全く色褪せないのは、歌い手であるSMAPの皆さんが、常に何事にも頑張られているからではないかと思います。 ですので、これからもこの歌は、私のとても大切な曲であり続けると思います。

その歌がオススメだと思う方は誰?

この歌がおススメだと思う方は、私と同じ境遇にある方です。休む間もなく、ずっと頑張ってこられて、頑張ってきている自分にも気付けていない方に、ぜひ聴いてもらいたいです。 頑張ることはとてもいいことですが、やはりそれには、犠牲にしてきたものも少なからずあると思います。それらは、取り返すことができないかもしれませんが、でも、犠牲にしてきたものは何かを知るだけでも、自分の糧になることもあります。 SMAPのこの歌は、頑張ってきた自分は間違いではないと、感じさせてくれる歌で

 

もあると思いますし、自分だけの花を咲かせる大切さを感じることで、今までのように肩肘張らずに、もっと楽にもっと頑張れることを教えてくれる歌でもあると思います。 一生懸命頑張られている方は、たくさんいらっしゃると思いますが、頑張るためには、エネルギーの補給も必要です。ですので、1度立ち止まって、このSMAPの「世界に1つだけの花」を聴くことで、エネルギーが補給され、また再び頑張り始めることができるのではないかと思います。

 

私は涙を流しましたが、涙を流しても、不思議とまた頑張れるようになりました。涙を流すと、それまでピンと張っていた緊張の糸が、切れるのではないかとそれまでは思っていましたが、逆に、また頑張れるようになりました。 エネルギー補給の方法は、人それぞれだと思いますが、涙を流すことは、いいことだと私は感じました。

これからその歌を聴こうと思っている方へのメッセージ

このSMAPの「世界に1つだけの花」は、全国のたくさんの方々がすでに聴いてらっしゃる歌ではないかと思います。それだけ、とても影響力のある歌の1つだと思います。 もし、まだこの歌を聴いたことがないという方がいらっしゃるのだとしたら、ぜひ1度だけでもいいですので、耳を傾けていただきたいと思います。

 

それでも何も感じないという場合もあるかもしれませんが、SMAPの皆さんと一緒に、片手を上に掲げ、その手を胸にトントンと叩くだけでもいいと思います。その瞬間は、SMAPの皆さんをはじめ全国のたくさんの方々が、同じく片手を上に突き出し、胸を叩く動作をしていることを、感じていただけるのではないかと思います。

 

目に見えない多くの方々との一体感を感じることは、とても心が温かくなるものです。 バタバタ忙しくしている間のほんの数分間を、このSMAPの「世界に1つだけの花」に,割いていただきたいと思っております。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

女性、34歳、会社員、父・母、北海道 元気になりたい時など、よく音楽を聴いています。