読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

おすすめの歌シドの「空の便箋、空への手紙」 le coupleの「ひだまりの詩」 樋口了一の「手紙」 スキマスイッチ「さいごのひ」 スキマスイッチ「奏(かなで)」

スポンサーリンク

あなたが良いと思える歌を教えてください

シドの「空の便箋、空への手紙」 le coupleの「ひだまりの詩」 樋口了一の「手紙」 スキマスイッチ「さいごのひ」 スキマスイッチ「奏(かなで)」

なぜ、その歌が良いと思ったのでしょうか?

「空の便箋、空への手紙」 数年前、恩師の先生が事故で亡くなりました。 そんな時に丁度聞いて、自分の気持ちと重なり、泣いてしまいました。 アーティスト本人も結成当初から大切にしている曲だと聞き、更に好きになりました。 「

 

ひだまりの詩」 高校の頃お世話になった恩師の先生。 手紙のやりとりをしていたのですが、先日出したハガキが帰ってきました。 歌詞の内容が先生との関係に似ていたので、お薦めしています。

 

「手紙」 大切な家族が病気になり介助が必要になった歌詞の歌。 悲しいけれど、自分のなくなったおじいちゃんを思い出して、あの時のことを思い出して、歌と自分の気持ちをリンクさせていました。 今、家族を介護をしている全ての皆さんへ、聞いて欲しい1曲です。

 

「さいごのひ」 いろんな解釈の出来る歌で、「最後の日」「最後の灯」などなど。 その人の心情や解釈によって解釈や思い入れが変わる曲だと思います。 スキマスイッチを好きになったきっかけの歌です。

 

「奏(かなで)」 この曲も聴く人により視点が変わる曲だと思います。 子供を送る両親、遠距離恋愛のパートナー、遠く離れていく友達など。 私は遠距離恋愛をしているので、パートナーを会ったあとに見送るときに聞くと切なくなってしまいます。

その歌がオススメだと思う方は誰?

大切にしている人を何かの理由でなくした方、会えなくなってしまった方にお薦めしたいです。

これからその歌を聴こうと思っている方へのメッセージ

「空の便箋、空への手紙」 良いと思った理由にも書きましたが、私は恩師の先生をなくしました。 交通事故でした。 命日には手を合わせて黙祷をしております。 それから、この曲もいつも聞かせていただいております。

 

先日ライヴのファイナルでアーティスト本人さまが言っていた「結成当初から大事にしていた曲」という一言で私は思い出して泣いてしまいました。 思い入れがある曲がとても大事にされている曲であることが嬉しいのと恩師の先生を思い出して切なくなってしまったこともあって。

 

また、個人的には高校の頃お世話になった先生が音信不通になってしまい、話したいこと、伝えたいことが伝えられなくなってしまい、それもあってお薦めしています。 「ひだまりの詩」 私が高校の頃。とてもお世話になった先生がいらっしゃいました。

 

転勤の際に住所を添えてお手紙を書いて以降暫く手紙のやりとりをさせていただいていたのですが、歌詞にあるように、先日出した手紙がポストに戻ってきました。 家庭も持って、幸せそうな先生。たくさんたくさん迷惑をかけてしまったけれど、見捨てないでいつも笑顔で話を聞いてくれた先生。

 

そんな先生が大好きでした。 今は音信不通になってしまったけれど、今も大好きで大切で。 そんな人がいる方にはぜひ聞いて欲しい一曲です。 「手紙」 私が小学校6年の時、祖父ががんで亡くなりました。 それまでの数ヶ月間、介護が必要になっていました。 祖父は頑固で、痛いはずなのに痛いとも言わないような人でした。

 

この曲も、作詞者は不明ですが、当時私がしてあげられなかったことを思い起こさせる歌詞。 聞いていると悲しくなるけれど、おじいちゃんとの大切な思い出も思い起こさせてくれる。優しい歌です。 今、家族を介護していて辛い思いをしている方がいらっしゃったら、この曲を聴いて少しでも心が救われたらと思います。

 

おそらく歌詞の内容からすると、祖父とは違う病気の内容なのだろう、と思うのですが。 「さいごのひ」 なぜその曲が良いのか、にも書いたのですが聞いている人によっていろんな解釈ができます。 これは私の解釈ではありますが、愛犬、祖父を思い起こさせてくれる一曲。

 

愛犬に関しては、犬と私の10の約束でしたっけ、あの本の、私にはあなたしかいません。の部分が歌詞の内容とリンクし、祖父に関しては死ぬまでの闘病生活を思い起こさせます。 また、自分の思う大切な人にも当てはまって。

 

明日は今日より、昨日より君を思うよ。 人の愛情は大切な人ほど思いは強くなるんじゃないかな、と感じさせる一曲だと感じました。 「奏(かなで)」 自分が遠距離恋愛をしていて、じんわりしてしまった一曲です。 その人が自分の前に現れた日から自分の人生が変われた気がした。 相手がどこにいても、電話で声が聞ける。

 

その声で守ってあげられたらいいなという願いを込めていつも聞いています。 この曲は年代を問わず聞けると思います。 聞く人によって視点が変わると思うので。 子を遠くに、もしくは結婚でその手から離れていく時が来たならお父さんお母さんに聞いて欲しいし、私のように遠距離恋愛をしている人が居るなら素直にその人に聞いてもらいたいです。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

23歳女 栃木県在住 学生、芸術大学在住 趣味は絵を書くこと、写真撮影など。