読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

「白い巨塔」医療ドラマは現実感が高く見ごたえがあります

スポンサーリンク

あなたが良いと思った日本のドラマを教えてください

白い巨塔」です。山崎豊子さんの小説がドラマ化されたもので、 医療ドラマになります。 田宮二郎さんが演じた方の白い巨塔は見ていません。 唐沢寿明さんが主演の白い巨塔を見ていたときに、良いドラマ だと思いました。 医局の抗争を描いたドラマです。 医療業界を生々しく再現しているかのようなドラマでした。

 

私は医療関係の仕事はしたことがないので、本当のところの 実態は一切知りません。 それでも、医療には一切無関係の人間の私でさえ引き込まれる 本格的なドラマでした。 医者という職業に携わっている人は、私にとって無縁なので、 出世などを含めて、日々どういう世界観で生きていて、 仕事やプライベートをどういう風に送っているのか、分からない 世界でした。

 

医者は、こういうタイプの人もいるのかもしれないとか、 医療の現場はこういう感じなのかもしれない、という感じに 医療に無関係の人間でも、その現場にいて間近で見ているかのような 臨場感と迫力のあるドラマです。 唐沢寿明さん演じる主役の財前教授は、とても見ごたえのある 主役です。

 

唐沢寿明さんが、敢えて田宮さんの白い巨塔は見ていない、 どこか演技がうつってしまったりするかもしれないので、 敢えて見ていません。という言葉が印象的でした。 田宮二郎さんの方の白い巨塔と唐沢さんの白い巨塔の両方を見たことが ある人は、田宮さんの方とまた、全然雰囲気が違う白い巨塔と 言っているので、田宮さんの方を見ていないので、見てみようと 思いました。

なぜ、そのドラマが良いと思ったのでしょうか?

病院内の出世に関する争いや野心的なことを描いているドラマです。 白い巨塔は、医療ドラマにありがちな、恋愛がどうのこうのという浅い ドラマではありません。 教授婦人会なるものも出てきて、そこでのやりとりも、かなり生々しく 怖いものがありました。 私は医療に無関係の人間なので、教授婦人会というようなものが、 今の時代もあるのか分かりませんが、ママ友というような世界も今は あるくらいなので、似たような世界は引き継がれているのかもしれないな、 と思いながら見ていました。

 

医療にまっすぐに取り組もうとする、純粋な医者の役の里見助教授の 妻に、教授婦人会では、イジメのような感じで迫るシーンが 印象に残っています。怖すぎました。 そういう怖い、生々しい、本当にありあそう、という感想を素直に 持てるドラマはそうそうないので、良いと思いました。

 

引きこまれていく臨場感のあるドラマなので、毎回必ず見ていました。 プライベートでは、財前教授の本妻よりも、愛人のクラブのママの方が 心からあてにされているのも、政略結婚の結果をにおわせるような 生々しさがあって良いと思いました。 財前教授の母親も、本妻よりも愛人であるクラブのママの方を信頼していて、 あてにしていました。 う~ん、これは生々しい面白いと素直に感じました。

 

医療の世界だけではなく、プライベートの世界観まで面白く描かれていて、 引きこまれるドラマで良いと思いました。 一般人であれば、なかなかそこまでやってのけれない部分もあると思います。 医者で教授の息子だから、愛人をあてにする母親という部分もあると思いました。 クラブのママでプロだから、そこまでできるという部分もあると思いました。 エリートだから、そこまで許されると言ったらおかしいですが、 母親が愛人をあてにしているのは、やっぱり異性関係のプロの仕事でも ある愛人だからということと、医者で教授だからということが 関係しているところも、引きこまれて現実感があって面白いと思いました。

 

鵜飼教授が出す声も怖いです。 こんな喋り方をする教授が近くにいたら怖いです。 何かを企んでいそうな、でも何を企んでいるのかちょっと分からないとう、 つかみどころのない、空気を抜いたような不思議なテンションの声で 喋られたら、近くにそういう人がいたら、私ならペースを乱して働けません。 そういう腹黒さも、医療関係の出世に関する争いの駆け引きのような ものを感じて良いと思いました。 ドラマの節々に出てくる、教授の軍団の登場シーンでの音楽が テンポが良くてかっこいい音楽で、ドラマにすごく合っています。 テンポよく見れるドラマです。

そのドラマがオススメだと思う方は誰?

原作は、1963年から1965年にかけての小説なので、現代では 変わってきている部分も多くあるのかもしれません。 性格が純粋、純真だと言われている人におすすめするドラマです。 理由は、人間関係のドロドロした部分を生々しく描いているからです。

 

腹黒さを身に付けたい人にも良いかもしれないと言ったら語弊が あるかもしれませんが、純粋だと世の中を渡っていけないので、 純粋だと馬鹿にされることが多い人にいいかもしれません。 このドラマは、若い人も年配の人も面白く見ることができます。 実際、海外でも白い巨塔が放送されているので、それだけ反響が 大きいということになるからです。

これからそのドラマを観ようと思っている方へのアドバイス

重病の手術のシーンや、闘病シーンが出てくるので、 そういうものが本当に苦手でしょうがない、という人は、もしかしたら、 観ない方がいいかもしれません。 ですが、そこを我慢してでも見る価値があるドラマなので、 そういうシーンが苦手な方は、そこだけ飛ばして観ればいいと思います。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

女、34歳、岩手県、家族構成は私と犬と猫です。