読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

不器用な父とその子供の繋がりを描き出すドラマ「砂の器」

スポンサーリンク

あなたが良いと思った日本のドラマを教えてください

砂の器が良かったです。私が良かったと思うのは、中居正広が主人公を演じた新しい砂の器でした。何度もシリーズ化されるほど、このドラマは本当に多くの人の心を掴んだドラマでした。 というのも、このドラマは、閉鎖的な田舎でハンセン病という病気を抱えていただけに、露骨な差別に合っていた親子を描いたドラマなのです。

 

このドラマでは、そんな田舎で病気のためにまともな仕事にありつけず、いつも家族は貧しい暮らしを余儀なくされていました。何処へ引っ越したとしても、やはり病気を理由に差別をされてしまうという恐怖がありました。 そんな父とその子は、たった2人だけで、あても無い旅へと旅立つのです。その旅をする2人は、時に物乞いをしたり、お供え物を分け与えては生き延びるのです。

 

この過去が、その後のその子供の人生を変えるポイントになります。そんな過去を打ち消す為に、彼は都会へと飛び立ち、優秀なピアニストとして成功します。 すっかり都会人になっている彼を、誰が彼が物乞いをして貧しい暮らしをしていたかと考えたでしょうか。そのギャップが上手く描き出されていますし、彼がどうしても過去を忘れられずに打ちひしがれる部分もよく描かれています。

 

都会で優雅に生活をする彼に、また悲惨な運命が待ち受けています。あの田舎で知り合ってしまった元警察が、彼を追ってくるのです。その元警察が彼の元へと来なければ、きっと彼は幸せな人生を送っていた事でしょう。そう考えると、人間の執着心というものがとてもうとましく思います。 そういった部分も分かり易く描かれ、どんどんこのドラマに引き込まれていきます。

 

犯罪を犯してしまった主人公は、その事件を追ってくる警察と知恵比べをします。そういったところが、このドラマの見どころでもあり、犯人である彼が無事に逃げ切って欲しいと見ている人をハラハラとさせます。 罪を犯してしまった主人公が徐々に精神的にも肉体的にも追い詰められていく姿が実に上手く描かれており、感情が入り込んでしまいます。

なぜ、そのドラマが良いと思ったのでしょうか?

この主人公の男を演じる中居正広の演技が実に良いのです。都会に住む研ぎ澄まされたピアニストを見事に演じます。本当にピアニストの様に繊細さを出し、神経質な人格もよく演じています。 過去を上手く隠していても、どうしても表情に悲しみが出てしまう部分も切なく、うずくまって恐怖に震える姿も実に感動的です。

 

顔では平静を装っているのに、どうしてもあの父の事を思い出すと、彼の目に涙が浮かんできます。目を真っ赤にさせながら、彼は自分の罪を後悔します。その後悔の仕方も、都会の知的な大人の男を演じます。 ピアノを軽やかに、そして激しく弾く部分が、彼の心を表しています。ピアニストという部分がどうも美しく、より気の毒だなと見ている人を切なくさせます。

 

最初の段階で彼が犯人だという事を探りあてるのですが、どうして殺さなければならなかったのかという理由をこのドラマでは探り当てていくのが面白いのです。 その探り当てていくのが、彼を最後まで追う刑事です。その刑事は、彼の身元を自分の足で1つ1つ洗い出していきます。今の様にネットなどはありませんし、携帯もありません。鈍行の電車に乗り、紙の地図を広げながらその謎を追いかけていくのです。そういった部分が、よりこのドラマを真実味溢れる面白いドラマにしていると思います。

 

激しく、確実に犯人を追い詰める刑事役に、世界に誇る俳優の渡辺謙が演じます。彼の演技は、本当の刑事の様に、使命感を持つ刑事を見事に演じます。その使命感は彼を揺り動かし、その犯人の心も揺り動かす事になります。 その刑事が追って行く姿はとても凛々しく、応援したくなります。どうやったら証拠を掴むか、その鍵はやはり犯人の父にあったのです。

 

その病気がちで貧しい暮らしをしていた父に、原田芳雄が扮します。この原田芳雄という俳優の演技は、とてもこの役に合っていると思いました。あまり口数が少なけど、子供を想う気持ちがとてもよく現れています。子供に気の毒な生活をさせてしまったという後悔と懺悔を見る事もできます。厳しいが、離れていても家族を愛し続ける姿を見事に演じます。 最後に父親が床に伏してしまった時、主人公の和賀英良は、父を嫌っていた自分を責め、地面にひれ伏して泣きながら謝ります。そのシーンがとても素晴らしかったです。

そのドラマがオススメだと思う方は誰?

父と上手くいっていない人にお勧めです。長らく心の蟠りを抱えて父と会っていないという人ならば、このドラマでその蟠りが無くなるでしょう。

これからそのドラマを観ようと思っている方へのアドバイス

この砂の器は、不器用な愛情表現をする父と子の深い愛情を知る事ができます。このドラマを見て、親の大切さを感じて欲しいと思います。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

東京都に住む38歳の女性です。4人家族でパートです。趣味は登山や自然を眺める事です。