読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

何回も見過ぎて仕方のないドラマ「東京湾系」は大好きな作品です

スポンサーリンク

なぜ、そのドラマが良いと思ったのでしょうか?

まず私がこのドラマが好きな理由として主演しているのが大好きな仲間由紀恵さんだったからです。 ちょうど売れてたかなってときに出演した作品で待ちに待った恋愛ものだったのでとても気に入っています。 年齢も25歳という自分に近い年齢設定なのもこのドラマに引き込まれた理由の一つです。

 

今までトリックでのちょっとお茶らけたイメージのあった仲間由紀恵さんのナチュラルな女性としての姿がとても綺麗でもあり、働く女性としても何か憧れるなって思えるのでそういう演技な部分も魅力的だと感じています。 相手役の男性が何と無名の俳優さんを起用しているところにも驚いたのがこの作品の良さでもあると思います。

 

普通主役の2人は今人気の人を使うのが普通なのですが、その時は全く見たことも聞いたこともない人で最初は大丈夫かなって思ったのですが、知らない分他の作品での印象がない分、自然体な役柄だと思えて飾らない自然なストーリーに見えたので私はとても良かったと感じています。

 

そしてこのドラマの特徴ともいえるし私が気に入っているのがそのストーリーです。べたな感じもありながらも韓国と日本、国が違う人同士が分かり合えるのか、本当に愛し合えるのかというテーマが重くもありでも考えさせられる作品だと感じました。 そして運命、輪廻とも思われるほど何か不思議な力に導かれる2人が本当に見ていてハラハラもし、そして入り込んでしまう作品なのです。

 

在日韓国人の主人公の女性と倉庫で働く書道家を夢見る日本人男性との国境を越えたラブストーリーでもあり、母親から受け継いだ運命の恋でもあり、そして本当に自分を見つけるというテーマもありで見ていて涙が止まらない部分もあります。

 

本当の自分を見つけて欲しいと願う女性と、そんな女性を大きく受け止めどんな困難にも立ち向かう男性、理想でもある2人が本当に素敵な作品なのです。 謎が多くそれを紐解いていくミステリー間もちりばめられており楽しめる作品です。

そのドラマがオススメだと思う方は誰?

このドラマは本当に多くの女性に見て欲しいと感じています。 ただの甘ったるい恋愛ドラマでもなく、少し古い感じもありながらでも何か重いものも考えさせてくれるようなものなのです。 そして見終わった後は誰かに優しくしたい、家族の大切さや周りの人への感謝の気持ち、そして何もり私も素敵な恋がしたいと思わせてくれるのです。

 

私も何度も失恋をし、もう恋なんてしたくないと思える経験はしてきました。 でもそのたびにこのドラマをみて、本当の私を見つけてくれる人は他にいる、ちゃんといるって思わせてくれてまた一歩踏み出す勇気を与えてくれるのでした。 本当の私がはいったい何なのか、誰も自分を本当に愛してくれないのではと不安になるときは誰にでもあると思います。

 

そんな時どうしたらいいのか、このドラマをみると希望が少し持てるようになるのです。 こんな風に思われたり、相手のことを思ったり、どんな困難なことがあっても必ず結ばれるそんな大きな力を感じてみたい、私もそんな風になりたいって夢を見させてくれますし、やっぱり現実でもそういう気持ちからプラスの行動を移せる機会を見るたびに与えてくれるので私は女性の、愛の力の背中を押してくれるものを感じていて、本当に20代の女性に一番プッシュしたい作品ともいえるものなのです。

 

このドラマは韓国と日本とのお話なので、後半にスペシャルゲストとして韓国ドラマの冬のソナタに出演していたパクヨンハさんが出演してくれています。 主人公の会社のソウル支社の人の役でストーリーの重要なキーパーソンでもあります。 冬のソナタが好きだった人も少しストーリー自体も似ている部分もありで見ていて面白いと感じると思います。

これからそのドラマを観ようと思っている方へのアドバイス

このドラマは1回でも見てもらえたらいいなというものです。 見ていてこれを感じて欲しいとかこう思ってほしいとかではなく、その人の中で何かを得られたり考え方の1つにプラスされればいいなと思っています。

 

なので肩ひじ張らずに自然体で、そして少し自分と重なる部分を見つけながら見ると楽しめると思います。 恋に恋する人には本当に楽しめる作品ですし、一気に見たくなるので休日のお昼からじっくりと見てもらえるとイイと思います。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

私は大阪府に住む29歳のOLの女性です。 毎日忙しい日々を過ごしていますが、そんな私の好きなことがドラマを見ることで、そのクールにしているドラマを録画してみるのはもちろん、お気に入りのドラマも何度もリピートしてみている時間をこよなく愛しています。