読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのエンタメレビュー

感動した映画や面白かったドラマなどを掲載しているブログとなります。

ロング・ラブレター~漂流教室~今、この瞬間を生きることの大切さを教えてくれるドラマ

日本のテレビドラマ
スポンサーリンク

あなたが良いと思った日本のドラマを教えてください

私がおすすめするテレビドラマは、2002年1月~3月にフジテレビ系列で全11話が放映されたロング・ラブレター漂流教室~です。

なぜ、そのドラマが良いと思ったのでしょうか?

 主演は常磐貴子さん、窪塚洋介さん。楳図かずおさんの漫画『漂流教室』が原作です。ストーリーは、窪塚洋介さん演じる数学教師の浅海暁生が勤める高校で、常磐貴子さん演じる三崎結花と数年ぶりに再会。その時に強い地震が起こり、校内にいた教職員や生徒合わせて30名程が岩と砂だけが残る未来の世界にタイムスリップしてしまうというもの。

 

浅海が勤める高校は、かつて三崎も勤務していました。生徒を庇って傷害事件の当事者となってしまったことから退職し、数年が経っていたのですが、大地震が起こったその日は、本当の当事者であった生徒と会う約束がありました。謝罪したいという彼の気持ちを受け止め、「あなたの先生で良かった」と伝えるつもりでいましたがタイムスリップしたことで、その生徒に会えなくなってしまいます。またとある生徒は、喧嘩していた恋人の同級生と、ようやく仲直りの兆しが見えたころでした。

 

それぞれが様々な思いを抱えたまま、遠い未来へタイムスリップしてしまうのです。同ドラマの舞台である岩と砂だけが残る未来の世界は、人間が便利な生活を行う上で残した負の遺産であって、そんな世界になって尚も光化学スモッグが発生したり、不法投機などで汚染され、地下水が飲めない状況となっていること、当の人間は滅び、その環境に適応した新たな体型の人類が誕生したことが描かれています  同ドラマからは環境汚染が進んだ結果、未来ではその環境を生み出した人間ですら生きられない状況に陥ってしまったことのほか、生きるために食料や水を奪い合う様子やその過程でのそれぞれの心の変化が描かれています。

 

私たちの便利な生活はこうした環境汚染の上に成り立っているのだと痛感させられます。私が同ドラマから最も感じたことは今を生きることの大切さです。この瞬間は今しかない。だからこそ、この瞬間を思い残すことなく過ごさなければいけない。今この瞬間を精一杯生きてほしいそんなメッセジーを受けたように感じました。

そのドラマがオススメだと思う方は誰?

 このドラマは今この時代に生きるすべての人に訴えかける作品だと思います。環境問題に関して「私にはあまり関係のない話」「この生活を変えてまで環境を優先することはできない」「私1人の力では何もできない」と感じている人も少なくないと思います。

 

しかしドラマで描かれる未来の世界を目の当たりにし、自分や大切な人がその世界に置かれてしまったらと想像すると、自身の1つ1つの行動を見直すきっかけになると思います。実際にドラマでは現代に残された人たちが、自分に何ができるのかと苦悩し、不法投棄されたゴミを片付ける姿が描かれています。私たち1人1人が環境のためにできることは小さなことかも知れません。しかし今を生きるすべての人が、生活を見直し、自分にできる何かを見つけて実践できたとしたら、世界は変わるかも知れません。

 

私たちの生活におけるその小さな変化が、これから生きていく未来の人たちにとって大きな環境の変化かも知れません。  また何かに悩みがある、会いたい人がいる人、話したいことがある、やりたいことがあるといった人にとって、背中を押してくれる作品だと思います。思い残すことなく今チャレンジすることの大切さを訴える内容となっているからです。

これからそのドラマを観ようと思っている方へのアドバイス

 この作品が放映された当時、私は高校生でした。その時は受験に悩んでいました。沸々と悩みだけが育っていき、挑戦することからは逃げており、自身の不遇さを憂うばかりの生活でした。しかしこの作品を見たことで今挑戦しないと後悔する、今頑張らないと頑張る時はもうないと奮起するきっかけになりました。

 

あれから10年程が経った頃、レンタルビデオ店で本作と再会しました。ふと手に取り、もう1度初めから見返すことになりました。当時の私は上京し転職することに悩んでいました。夢を追い求めて上京し、転職したい。けれど今の仕事にも満足しているし、上京するとなれば実家暮らしの今と比べて金銭的にも、精神的にも苦労することが目に見えている。

 

けれど上京してチャレンジしたい。そんな思いを巡らせて鬱々とした日々を過ごしていました。けれどこのドラマを見終わる頃には、絶対に東京へ行こう。今しかないのだから!と強い決意に満ちていました。実際に東京に来てからは慣れない環境に金銭的にも、精神的にも苦しくなることも少なくありません。けれどあの時の決意に後悔はありません。

 

これから東京で夢を掴むために生きていく。そんな思いで満ちています。あの時に決断できなかったとしたら、私はずっと地元で鬱々とした思いを抱えながら生活していたと思います。今を変えたいと思っている方にとって背中を押してくれる作品です。

 

カンタンな自己紹介・プロフィール

 東京都内在住の27歳女性です。職業はフリーライターをしています。九州に実家があり、現在は彼と2人暮らしです。